【REMI RELIEF】秋冬新作が続々と入荷しております!

吉田 雄哉 2017.09.05

ブログをご覧の皆様、おはようございます。


ここ数日で急に涼しくなってきましたね。


リアルに着用できる羽織り等が欲しくなっている方も多いのでは?


そこで本日は大人気ブランド、REMI RELIEFの既に入荷している新作をご紹介致します。


まずはこちらから。


定番の人気別注アイテム、チェックシャツです!

着古された様な風合いの加工が特徴的です。
裾裏部分に小さいポケットが着いている面白いデザイン有りです。


REMI RELIEF別注チェックシャツ
カラー:レッド、ブルー
サイズ:S〜XL
価格:¥18800+税
商品番号:11-11-4421-671

レッドは当店只今欠品中の為、ご希望の方にはお取り寄せさせて頂きます。



次はこちら。





こちらも定番の人気別注アイテム、スウェットです!
今シーズンはクルーネックとフルジップパーカの二型の提案です。

糸にはアメリカ ニューメキシコ州内のアルバレス農場で栽培されたオーガニックコットンの落ち綿を使用。 
バルキー性と耐久性に富んだソフトな手触りが特徴です。 
そのコシと張りのある糸をゲージギリギリで編み立て、とても度の詰まった硬い裏毛を作りました。 

加工は染料を水素と結合させて、ゆっくりと長時間かけて染料を退色させています。 
ボディもそれなりのダメージをおいますが、薬品を入れたりバイオによる生地を無理に融かしたりするような加工ではない為、古着本来の経年によるダメージにもっとも近い出来栄えです。 
着続けていくほどに、より本当に古着と見分けがつかなくなると思います。 

最後にアウターです。


コートにはチノ素材にレーヨンを混紡させた糸を使用して生地を採用。
通常のチノ素材に比べレーヨン特有の光沢感とドレープ感が混ざり、大人っぽい表情が魅力です。
その素材を活かすべく、ややゆったりとしたサイジングです。
加工は水素を結合させて色を退色させた、自然な風合いです。


ジャケットのベースは1984年頃から1995年頃まで生産された中期型のB.D.Uジャケットです。
素材にはわざとムラのある糸を横糸に使用し、技術の追いつかなかった時代を再現したミリタリーコットンバックサテン生地に仕上がっております。
染色には60年代当時主流であった硫化染料を使用。
現代の染料と違い単色染料なので白く退色していきます。


春用の薄手のナイロンを使用したL-2タイプのフライトジャケットです。
耐熱性、機械的強度に優れたポリアミドで耐油性や耐摩擦性、潤滑性にも優れた素材で、ミルスペックにふさわしい強度を兼ね備えた素材です。 
染料も通常のナイロンを染色する方法ではなくイオンの力を利用した方法で染色しています。
分子離脱させることで色落ちを再現しています。
どれもこれからの季節にすぐ使える主力アイテムばかりでオススメです!

ご来店、お問い合わせをお待ちしております。

ビームス 梅田のインスタグラムをよろしくお願い致します。

アカウント→@beams_umeda

ビームスのアプリはこちらから↓


BEAMS PLUS17AWスペシャルウェブコンテンツはこちらから↓