おすすめ、その10。DUFFLE COAT。

竹本 秀平 2017.12.29

こんにちは。こんばんは。


ビームス 横浜の竹本です。

近頃、弊社ドレスクロージング担当のベテランスタッフ達(私にとっての大先輩方)の着こなしでよく見かけるダッフルコート。


「最近、スタッフの方々が着てますよね。」

「ダッフルコート、ちょっと気になります。」

という、お客様の声も。




カジュアルフロアーにございました。



ダッフルコートの生みの親として名高いモンゴメリーに別注をかけた逸品。



パープルやオレンジといったドレスフロアーではなかなか見かけないカラー展開。

ドレスクロージング的な着こなしを考えると、普段拾えない色を拾った着こなしが楽しそうです。


昨今の気分を反映したゆったりシルエットです。





「ダッフルっすか。」



「やっぱり、これじゃないっすか。」


事前に仕込んでいたようなタイミングでやってきたのは、メンズカジュアル担当 スタッフ・小川。




これまた、老舗。ダッフルコートといえばのグローバーオール。




こちらは、コート自体のよさが一段と引き立つようなコンサバティブな2色展開。


細すぎず、太すぎず、ほっこりシルエットです。


ダッフルコートは学生っぽいというお声が聞こえてきそうですが、その実、北欧の漁師達の仕事着を起源として、第二次世界大戦ではイギリス海軍の防寒着にも採用された、寒冷地の男の為の服。


「それでは、ご唱和ください!」






「ダッフル!」






「ダッフルーーー!」


北陸出身の小川。


寒冷地の男達にシンパシーを感じたのか、気合いを注入。


年内は、大晦日の18:00迄営業。


スタッフ一同、ハッスルしてお待ちしております。