タグ「brillaperilgusto」の記事

今季はなんだかキャメルな気分・・・

9月も後半になってくると、朝晩は随分涼しくなってきたので、装いもリアルに秋冬物の気分になりますね。。。


今季注目のカラーと素材の中で、お勧めしているキーワードの一つ「キャメル」のアイテム。。。

毎シーズン様々なアイテムで「キャメル」のものはあるのですが、取り分け特に今シーズンはその幅も奥行きも広がりを見せているのです!



※17FWキャメルカラーのイメージカット



キャメルカラーの代表的な冬物アイテムといえば当然コートになりますよね。。。

ちなみにこちら<TAGLIATORE>のベルテッドコートは素材もキャメルヘアー100%です。

独特な毛並みと艶感が、まさに男の色気を感じられるアイテムと言っても過言じゃないと思います・・・



TAGLIATORE CAMEL BELTED COAT

NO,24-19-0211-248

1COLOR:CAMEL

SIZE:42~50

¥155,000 (+税)


続いてこちら<ERNESTO>のロングコートも素材はキャメルヘアーですが、毛足が短いタイプの生地を使い、裏地なしのダブルフェイスが大きな特徴と言えます。

カッチリし過ぎないちょっとルーズなフィット感も今シーズンのトレンドポイントを抑えたアイテムの一つ!
実際に袖を通すと、その軽さにも驚きを覚える一点です。。。



ERNESTO CAMEL BELTED

NO,24-19-0199-465

1COLOR:CAMEL

SIZE:42~50

¥260,000(+税)


そしてカジュアルジャケットの代表格、ご存知<T-JACKET>の新作も当然ながらキャメル物を展開です!

こちらの素材はまさに<T-JACKET>と言えば・・・のウールジャージーで着易さ抜群です、羽織ものが役立つこれからの時期に着まわしの効く一着になりそうですね!




T-JACKET CAMEL 6BW JACKET

NO,24-16-1001-148

1COLOR:BEIGE

SIZE:XS~L

PRICE:¥52,000(+税)



マネキンが着てるようなニットポロを合わせて、首元にキーアイテムでもあるネッカチーフを巻くと、ちょっとドレッシーに今季っぽくコーディネイトできますね。

キャメルアイテム目白押しの今シーズン。。。

是非ともご注目下さい。。。





KAMIYAMA


入魂のオリジナルジャケット…<Brilla per il gusto>

ここ数シーズン、人気のモデルについては入荷前予約も多数頂くケースもある<Brilla per il gusto>オリジナルネームのスーツとジャケット。。。

製作についてはレーベル発足当時からのお付き合いになる、ご存じ今や世界にその名を誇る国内屈指のテーラリングファクトリーでもある「RING JACKET(リングヂャケット)」が監修から生産まで全てを担っております。

でもこの事実については、あえてそんなに声高らかに謳ってはいないところが実際のところなのです。「上質で着心地の良いものを、お求めやすい価格で提供したい…」と言う双方のアイデンティティーにより、レーベルスタート時からのお付き合いで今シーズンまで継続展開をさせて頂いています。

実際に袖を通してみて初めて分かるその着心地の良さにご納得頂き、リピートにつなげて頂けるファンの方も多数いらっしゃることは、オリジナル製品を提供する上では非常に誇れることと自負しております。。。




そんな中、2017FW新作も続々リリースされていますので、ちょっとお勧めのモデルをご紹介!



昨今人気のFERLAのバリエーションやPIACENZAのカシミヤ混など今期もご覧のラインナップ。。。

そしてこれもブリッラらしさ炸裂の・・・
LORO PIANAの獣毛シリーズ



これかなり凄いです。。。



BRILLA PURE CASHMERE 3B JACKET

NO,24-16-1040-015

1COLOR:BEIGE

SIZE:42~52

FABRIC:100%CASHMERE
PRICE:¥130,000 (+税)

LORO PIANAのカシミヤ100%で、しかもこの薄い色(あご下の柔らかい希少部分からしか取れません)で、驚きのこの価格。。。

価格の部分では店舗スタッフからクレームが入るほどのモデルになっております。。。

更にこちらはトレンド素材でもあるキャメルヘアー・・・



BRILLA CAMELHAIR 3B JACKET

NO,24-16-1041-015

2COLOR:LT.BROWN,NAVY

SIZE:42~52

FABRIC:100%CAMEL HAIR
PRICE:¥90,000 (+税)


今季トレンドのキャメルヘアーも2色でリリース!

特に薄いブラウンのタイプなどは今季かなり重宝しそうなモデルになりそうですよね。

あまり価格の話しをするのはよろしくないのですが…こちらもかなりお得感のあるプライスでご提供しております。。。


まだ入荷待ちのブリッラオリジナルのジャケットにスーツも近日中にリリースを控えていますので、そちらもチェックしてみて下さいね!






KAMIYAMA



アメリカンテイストは引き続きです…<BOLZONELLA>

9月に入ると日差しも少しづつ秋めいてきましたね。。。

しかしながらまだまだ日中は暑かったりするので、今頃にリアリティのあるアイテムと言う事で、そのアメリカンテイストが今季も好調<BOLZONELLA>のシャツをご紹介!




定番的なオックスフォードの白無地やシャンブレーシリーズに加え、ご覧の新規ラインナップがリリースされています!
そこで個人的にちょっと気になるモデルを数型レコメンド!

先ずはボタンダウン・・・



オックスフォード地のストライプのタイプが2カラーで登場です。

個人的には写真上のグリーンなんて、一見難しそうに見えますが、ベージュやカーキのボトムスにベストマッチするので、かなり好みの一着です!

続いては新作のタブカラー・・・



本来ドレスの襟型であるタブカラーも、ご覧のこの「こなし」で仕上がっているので、タイドアップはもちろんのこと、洗いざらしのオープンボタンで着ても、雰囲気のある着こなしを楽しめそうなアイテムです!



今季はこの様なクレストタイでちょっとトラディショナルなコーディネイトはまさに気分ですよね!

そしてジャケットにはゴールド釦のネイビーブレザーで決まりって感じ!

いかがですか?
カジュアルシャツ好きの方には是非分って頂きたい今季の<BOLZONELLA>…店頭でお試し下さい!




KAMIYAMA




丸ノ内で開催します! < LUIGI BORRELLI >ス・ミズーラ。

こんにちは、澁谷です。






今日は、私の在籍している ビームス ハウス 丸ノ内にて開催されるイベントのご紹介です!





LUIGI BORRELLI(ルイジ ボレッリ)ス・ミズーラ です!


11月25日(金)・26日(土)の日程で開催致します!





既製品でも豊富に扱っているシャツや、





ネクタイをオーダー頂ける機会です!







当店では26日(土)に、ス・ミズーラを担当しているジョバンニ・ザガリア氏をお迎え致します。

ご予約を承っておりますので、ぜひお問い合わせ下さい。

詳しくは、こちらのリンクをご覧下さい!http://www.beams.co.jp/news/182/






それでは、丸ノ内でお待ちしております。

こだわりディティールのマッキノーコート…<Brilla per il gusto>

11月も中盤になってくると、いきなり冬のイメージができるくらい実際気温が低下してきた今週・・・。


ズバリのこのタイミングで、店頭では”アウターフェア”を開催しています!

※11日~20日まで


こちらのブログでも今季お勧めのアウターを色々ご紹介してきましたが、またちょっと“懐かし心”をくすぐるモデルをレコメンド!



Brilla per il gusto MACKINAW COAT

NO,24-19-0172-608

1COLOR:OLIVE

SIZE:XS~L

¥78,000 (+税)

このシーズン再三に渡って紹介しているミリタリータイプのアウターですが・・・

こちらの「マッキノーコート」もまさにベースは大戦中のアメリカ軍が採用していたミリタリーコートがベースのデザイン。。。

従来のマッキノ―コートは少し身幅の広いタイプが一般的ですが、重厚感のある肉厚のメルトン素材を使用しているので、Brilla per il gustoオリジナルでは現代的にシェイプしたモデルにアップデート!



生地の本来の野暮ったさを残しつつ、現代的なシルエットにしているのが最大の特徴と言えます。。。



先日来日していたイタリアメンズファッションのアイコンとも言える@alessandro squarzi氏も、こちらのモデルに感銘を受けていらっしゃいました。

ミリタリー物に精通している氏のアイデアも非常に興味深く、“軍モノ”トークはしばし留まらない状態に・・・この世界もかなり深いですね…。




TAKADAのように、オフホワイトのアイテムでコーディネイトすると、全体的に清潔感のあるイメージになります。。。


どこか少し懐かしい…そんなマッキノ―コート。

是非店頭でお試し下さい。。。




KAMIYAMA


今年のコートはこんな気分です!!

皆様こんにちは。


いつもビームスEX 梅田 デミルクス ビームス 梅田のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。


水曜日のDoiでございます。


11月に入って、一気に冬の気配が増してきましたね・・・

今年は寒くなるらしいので・・・

お早めに冬支度を!


やはり、アウター。コートのご紹介です!!

遊び心有る大人のレーベルから・・・

今シーズンらしい秀逸なコートを!

ラグランスリーブ、ハウンドトゥース柄と今期を象徴する一着。

細かいデティールも凝っています。

駒形の形状や・・・

ラグランスリーブの切り替え・・・

インポートのコートにも負けない雰囲気、着心地!!

生地も本当に良い色目なんです。

品番:24-19-0169-015

カラー:ブラック×ホワイト、ダークオリーブ×ブラック

サイズ:42〜52

¥110,000(+税)


スタイルのイメージは・・・

シャドーチェックの大人な雰囲気のスーツに、ボタンダウンシャツの衿釦を掛けず、

敢えて跳ねさせて動きのある襟元に大柄なネクタイ。

こなれ感を演出します!!


今年はウールコートを一枚着るだけで雰囲気は一変致します。


是非、店頭でチェックしてみて下さい!!


当店はゆったりとした雰囲気の中でくつろいでご覧頂けます。

また、21時迄営業しておりますので、OSAMPO帰りでも間に合う筈です。

皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち致しております。


グランフロント大阪を楽しみましょう!!


水曜日のDoi



Brilla per il gustoブログ…スウェット的視点のニット…<ANDREA FENZI>

そろそろ本格的にウール素材のニットを着ても、全く問題がない気候になってきましたね。。。

北国育ちの割に寒いのが苦手な私も、ここからの季節はなにかしらのニットは欠かせません!

そんな中、BEAMSでは毎シーズン様々なニットブランドを豊富なバリエーションで展開をしていますが…

特に今季これは目新しい!…と言うタイプをご紹介します!



ネック下のデルタ型ステッチが我々アメカジ世代に突き刺さる、スウェット型デザインが特徴のこちらは・・・


<ANDREA FENZI>SWEAT TYPE CREW

NO,24-15-0143-210

2COLOR:BLUE,GREY

SIZE:42~50

¥23,000 (+税)


ANDREA FENZI (アンドレア フェンツィ)
1962年イタリアBresciaで創業したDoratex社のANDREA FENZI。プロのスタッフによる継続的な探究とクリエイティビティに基づいており、最新技術に丁寧な職人技術を融合させ、多種多様な形、明るさ、色合いを形成。ソフトでさわり心地の良い高級感あるカシミヤやメリノ糸を使用したニットアイテムはその形状の細部にまでこだわりぬかれており、美しさと機能性がバランスよく両立されていると高い評価を得ています。


全体のディティールも、袖と裾はまさに“スウェット風”なデザインですが、タイトなバランスなので、ジャケットインでも違和感なく着られるモデルです。

BEAMS向けに、袖リブの仕様をアレンジしてもらったり、細かいこだわりを加えて製品化しています。。。



バイヤーTAKADAはホワイトのBDシャツにタイドアップで、ネイビージャケットをコーディネイト…どこかほのかに東海岸を彷彿させるこの合わせに、懐かしさを憶える方も多いのではないでしょうか。。。


アメリカンプレッピースタイルがリバイバルされている昨今、全身ズバリなプレッピースタイルを理解した上で、あえて現代的なアレンジで着こなして頂きたい、このスウェット型クルーニットなのです。。。

逆に言うと、ニット型スウェットなので(笑)普通にTシャツの上からラフに着て頂いても大人のカジュアルウェアとして重宝することも間違いなさそうです!

アッパー40’Sの方は身近でちょっと懐かしい、アンダー30’Sの方にはきっと新鮮に映るこのデザイン…

是非チェックしてみて下さいね。。。




KAMIYAMA



Brilla per il gustoブログ…コートはミリタリーな気分で…

今季様々なレーベルから出ているミリタリーテイストのアウター・・・

本格的な仕様のモノから、特徴的なデザインを現代的にアップデイトさせたモノなど、、、

ビームスでも少なからず毎シーズン、必ずと言っていい程ミリタリ―テイストのアウターは展開していますが、多くはブルゾンタイプが主流でした。。。

M-65やMA-1等に代表される軍モノデザインは、いつの時代も色褪せることなく、我々の定番アイテムであることに変わりはありません。

そして今シーズンのミリタリーデザインで<Brilla per il gusto>が注目しているのが、こちらのミリタリーオフィサーコートなんです!



<Brilla per il gusto>BELTED OFFICER COAT

NO,24-19-0171-608

2COLOR:OLIVE,NAVY

¥68,000 (+税)





ちなみにOFFICER(オフィサー)とは、軍の中でも将校や士官等の上官のことを差すのですが、その様な位の人たちがセレモニーや公的な場で主に着用するコートをOFFICER COAT(オフィサーコート)と言います。

従来のオフィサーコートは「クラシック」「威厳」…と言ったイメージが強く感じられましたが、肩幅と肩傾斜が現代的ではない為、アレンジとモディファイを加えて今回のオリジナルモデルに仕上げています。




身幅に余裕を持たせているので、ベルトでウエストを絞るとアクセントが効いた着こなしになります。

サイドの深めのスリットも、歩くたびに軽快感が生まれますが、サイドの隙間からパンツのポケットに手が届くと言う様な意外な部分も秘めています…。
もちろんベルトをせずに、さらに軽やかな雰囲気でも着られる部分もアレンジ豊富で楽しめそうですね。



当然ながら安定のネイビーも展開しています。

こちらもコーディネイトのしやすさなど、間違いはなさそうですね。。。




背中のアクションプリーツは動きやすさと共に、デザインもまた男らしさ炸裂です。。。


ちょっと某L誌12月号にも掲載されたようです。


一見してかなり本格的なデザインではあるこのオフィサーコートですが、生地のチョイスなども総じて軽量化し、着やすさ重視で仕上げています。


今回もデザインアドバイザーである小林氏(SLOWGUN)の言葉で・・・

ミリタリーウェアの着方に個性があってはならない…、まさに全員が均一であることの「美」だと思います。

しかし、ファッションでなければならなない我々は、その威厳や固さに対して、あえて軽快さをプラスするアプローチでモノづくりをおこなってきました。

ホンモノに対する最大限のリスペクトと、現代へのアップデート・・・


Brilla per il gustoレーベル渾身のオリジナルオフィサーコート。

是非店頭でお試し下さい。。。





KAMIYAMA

Brilla per il gustoブログ…秋のつま先事情…<DOUCAL'S>

10月も後半に差し掛かり、気温も上がったり下がったりのジグザグ歩行で推移しており、その日着る物をお困りの方も多いのではないでしょうか・・・


そんな少しハンパなこの時期に、ちょっと足元を見直してみては如何でしょうか?…ってことで、<DOUCAL'S>より新作3モデルがリリースされました!




1972年、イタリア中部に位置するマルケ州にて創業。革の裁断から縫製、吊り込み、底付け、仕上げと製靴の全工程を手掛ける自社一貫生産にこだわり、厳格なクオリティーコントロールを堅持している紳士靴専業メーカー。アンティーク加工やエンボス加工など、多彩な加工技術を誇り、クラシックラインをメインとしながらも、時代性を上手く取り入れたモードテイストのコレクションも展開している。


先ずはローファー・・・

ボリューム感のあるフォルムは、ユルめのボトムスなんかに好相性、アンティーク仕上げのカーフも雰囲気有りですね。




DOUCAL'S LOAFER

NO,24-32-0114-686

PRICE:¥60,000 (+税)



次はコンビレザーのプレーントゥ・・・

スムースレザーとスコッチレザーのコンビと言った少し変わり種ですが、同色なので実際履くとしっくりくる印象です。




DOUCAL'S COMBI P/TOE

NO,24-32-0115-686

¥58,000 (+税)

そして、最後にフルブローグタイプのこちら・・・

昨年はカーフとスェードのコンビで展開していたタイプで、スタッフ内でも話題のモデルでしたが、表側のスコッチでリリースです。




DUOCAL'S SCOTCH FULL BROUGE

NO,24-32-0116-686

¥58,000 (+税)





3型とも共通して言えるのが、この様なアメリカ的でどこか武骨なモデルが、今季的コーディネイトにしっくりハマるのではないかと…。

そしてどちらかと言えばスウェードよりは表革のイメージが色濃い今シーズンの印象ですね。。。





DOUCAL'Sのコマンドソールと言えば、まるでスニーカーの様な歩きやすと、少々の悪天候にも負けないタフさは大きな特徴。。。


この際、細かいケアは置いといて(笑)武骨にガシガシ履いてみるのもお勧めです。。。







KAMIYAMA

オフィサーコート。


皆様こんにちは。



いつもブログをご覧いただきありがとうございます。



おおまえでございます。

本日のオススメはこちら!




BRILLA PER IL GUST ベルテッドオフィサーコート


品番:24-19-0171

価格:¥68.000(+TAX)


ラグランスリーブや長めの着丈が今シーズンらしい雰囲気ですよ。

ベルトでしばった感じのドレープがまた良いですね。

 


襟のサイズも大きすぎないので、立てて着るにはちょうど良いですよ。





深めのスリットも軽快さが出ていて良いですね。




バックスタイルはこの様な雰囲気です。

背中で語る大人の男になりたいですね…




色違いでオリーブもございます。



是非、店頭でご覧くださいませ。




おおまえ






Brilla per il gustoブログ…タートルシーズンイン…<GRANSASSO>

10月も半ばに差し掛かり、朝晩の気温が一気に下がり始めた今週・・・

9月までの台風絡みの残暑から、いきなり冬をイメージできる季節になってきましたね。。。


そこでこの2016秋冬シーズン、特に外せないアイテムと言えば・・・そうですね!タートルネックのニットですね!!

BEAMSでも当然ながら毎シーズン必ずと言って良い程、ニットブランド各社のタートルタイプを展開していますが、そんな中でも取り分け今シーズンは秋冬コーディネイトの“キモ”として、豊富なバリエーションでリリースしております。。。





そこで今回ご紹介するのが<GRANSASSO>のタートルネックです。

1952年にイタリアの小さな村で創業。会社のモットーである“品質が商品を語る”と言う思いが現在におけるまで全てのコレクションの基礎となっています。あらゆる年齢層のお客様に満足される商品を提供するために、伝統的でベーシックデザインに季節毎の流行を取り入れて若い世代にも受け入れられる商品ライン を提案しています。


GRANSASSO 8G TURTLE

NO,24-15-0144-343

PRICE:¥32,000 (税別)


8ゲージで編み込まれたこちらは、いわゆるミドルゲージで厚すぎず薄すぎず、ジャケットのインナーに最適な厚さであり、この冬非常に重宝しそうなアイテムと言えそうです。オフホワイト以外のカラーはティントフレット(水染め)言われる染色で後染めされており、多少メランジ調の雰囲気で仕上がっております。




大柄なチェックなどは、無地の面積が大きいタートルは全体のバランスを整え、スッキリした印象に見えます。

個人的にはこの様なオフホワイトのタートルは、今季特に外せないカラーだと思っています。





ブルー系の同系色で合わせたコーディネイトですが、手持ちのネイビージャケットに非常に取り入れやすいイメージでしょうか・・・


そして同じ<GRANSASSO>から、ケーブルタイプもリリースです。
カタログでご紹介させて頂いたブルー系は既にこの時期で完売間近と言った状況とのこと。。。
早い方は本当にお早いですね!



GRANSASSO CABLE TURTLE

NO,24-15-0145-343

¥38,000 (税別)


今シーズン要注目のタートルネック。。。

冬場の暖かさはもちろん、特にこの冬スタイリッシュなイメージでコーディネイトの“キモ”として使ってみてはいかがでしょうか。。。





KAMIYAMA

Brilla per il gustoブログ…eclectic collection…<BERWICH(ベルウィッチ)>

現在、ビームス 銀座とビームスF新宿で開催中の「eclectic(エクレクティク)collection」


弊社メンズドレスプレスの”YASU”こと安武がバイイングに携わったアイテムを集めたラインが<eclectic>です。

洋服のジャンルに縛られない、まさに我々オトナが「今だから着たい服」を中心にピックアップ。

今までのBEAMS F,Brilla per il gusto,International Gallery BEAMSレーベルとは一味違った視点から、

ファッションに興味があって、少し肩の力が抜けた方々に向けて、オトナのカジュアルウェアを提案させて頂いております。





撮影場所:ビームスF 新宿(BEAMS JAPAN 7F)










お馴染みの各ブランドの中から、今までBEAMSのドレスクロージングでは展開してこなかったようなアイテムも、今回の<eclectic>ではバイイングしており、我々シニアスタッフも非常に興味深いものがあります。


そこで、個人的にも感銘を受けたパンツブランド<BERWICH>のモデル:SAKEをご紹介!


実はこのモデル:SAKE(サケ)はBEAMS FバイヤーNISHIGUCHIもBrilla per il gustoバイヤーTAKADAも以前から要注目していたモデルながら、両レーベルの構成上”ハマらない”モデルと判断し、展開を見送っていた経緯があったのですが・・・

そんな中、今回の<eclectic>で晴れてリリースとなったモデルなのです。。。





BERWICH SAKE FLANO

NO,24-23-0352-540

PRICE:¥31,000 (税別)



BERWICH SAKE CORDUROY

NO,24-23-0350-540

PRICE:¥26,000 (税別)



BERWICH SAKE TWILL

NO,24-23-0351-540

PRICE:¥22,000 (税別)

個人的にも興味があったので、コットンツイルのタイプを早速購入して穿いてみたところ、ゆったりしたワタリと深い股上で抜群の安心感・・・とでも言いますか、シンプルにかなり穿きやすいです!




普段は細身のパンツ中心のローテーションですが、久々に割って入ってくること間違いなさそうです。。。

社内スタッフからも「そのパンツ何すか?」…の質問が多く、その度に穿きやすさをプレゼンしています。。。

当初、あまりに穿きなれないシルエットに自分でも多少違和感がありましたが、トライするのも“洋服屋”の務めと思い貪欲に挑戦です!

今回ディレクションした”YASU”曰く、「一見して手持ちの同じ様なアイテムもサイズ感を変化させ、バランスをちょっと変えることで、全体の印象が新鮮に見える…」

今回この<BERWICH>モデル:SAKEを穿いてみて、まさにその通りだと実感しました。

ご興味のある方は、是非お試し頂けると幸いです。。。





KAMIYAMA


GURKHA PANTS


eclectic collection


残りあと4日となりました。

まだの方、是非一度ご覧になってみてくださいね。


それでは、本日はトレンドにどストライクのこちらをご紹介。




DREW&COより

エクスクルーシブのグルカパンツです。



生地はフランネル。

柔らかな表情ですよ。




もちろんプリーツ入りです。

しかもツープリーツ。



サイドアジャスター仕様のベルトレスパンツ。

もはや、今シーズンを代表するようなアイテムではないでしょうか。



カラーはオリーブのみ。

ウィンターホワイトやブラウン系のジャケットなんかと合わせてみたいですね。


この落ち着いた色合い、

とてもかっこいいですよ!

オススメです!


気になる方、お急ぎ下さい。


それでは、ご来店お待ちしております。

¥35,000+tax

eclecticな視点から・・・

皆様こんにちは。

3Fメンズフロアの佐藤です。



告知が遅くなってしまいましたが、先日より銀座店3Fにて二つのイベントが同時開催しております。



まずは、弊社のプレスに所属している安武がバイイングしたアイテムを集めた<eclectic>です。

洋服のジャンルに縛られず、「今だから着たい服」をピックアップ。


今までのBEAMS F、Brilla per il gusto、International Gallery BEAMSとは一味違った視点から、

皆様に大人のカジュアルウェアを提案させて頂いております。



当店のエントランスも、この<eclectic>仕様になっています。




1枚目左のマネキンが着用しているのが<CANTATE(カンタータ)>のカバーオール。

1枚目右のマネキンが着用しているのが<PRIVATE WHITE V.C.(プライベートホワイト)>のボマージャケット。


どちらのアイテムも安武イチオシのアイテムです。


個人的にオススメなのがこちらの写真で使用している、<PACK MACK(パックマック)>のレインパーカー。



<PACK MACK>

ロングレインパーカー

価格:¥14,040(税込)

品番:24-18-0200


ここの所雨が多くなってきていますが、そこで持っていると心強いのがこちらのパーカー。

価格は控えめながら、縫い目裏に施された止水テープ・止水ジップなど作りは非常に堅実。

生地にも撥水加工が施されているため、多少の雨なら凌ぎ切れます。





ロング丈且つ細身な所もまた、アウトドア風味のアイテム特有の野暮ったさを消してモダンな雰囲気を醸し出すのに一役買っています。


カラーリングも、GRAY・YELLOW・OLIVE・NAVY・PURPLEの全5色展開ですので、気に入った一着を見付けて頂けると確信しています。



当イベントも、三連休最終日まで開催していますので、是非この機会にご覧になってみてください。

こちらの公式ページにて、他アイテムの様々なスタイリングをご覧いただけますので合わせてどうぞ。


では「銀座」でお待ちしております。


佐藤



PALTO




先日の伊藤先輩。


例の如く、モノクロからスタート致しますが、






本日のご紹介のコート、

カラーにしても変わりません。




白黒です。
モノトーンコーディネートにバッチリはまります。



カジュアルにくずして着たい。


そんなベルテッドコートです。



PALTO/ベルテッドコート
グレー
110,000+tax



↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku

Bagutta




"eclectic"


〔取捨選択する、折衷主義の、折衷的な〕


このサイト内でも特集されていますが、

昨日からお店でも特設コーナーを設けてご紹介しております。







本日のご紹介は右端に写り込んでいる彼、






…の首元(は角度的にあまり見えていませんね…)や

袖口、裾から見え隠れしているシャツです。






襟なしのプルオーバー、

ストレッチも効いているのでカットソーのような感じで着用できます。



買い付けた本人曰く、


プルオーバーなので裾には前立てがない、

しかし、シャツなので裾はラウンド、

これがレイヤードした時に面白い見え方になります。


ということだそうです。



この着用画像ではあまり見えませんが…


パンツのポケットに手を入れたり、

動きが加わるといい雰囲気が出ると思いますよ。

一味違うカジュアル、いかがでしょうか?


Bagutta/ジャージープルオーバー
ライトグレー/ネイビー
33,000+tax


↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



もはや病みつきな着心地・・・<CIRCOLO(チルコロ)1901>モアバリエーション

9月も終わりを迎え、季節もいよいよ秋めいてきた今週・・・

店頭では毎日のように秋冬アイテムがリリースされています。。。


そんな今週は、一部店舗とBEAMS OnLineにて<CIRCOLO(チルコロ)1901>モアバリエーションと題し、BEAMSでの通常取扱いのないアイテムなども豊富に揃え、絶賛開催中なんです!



※撮影場所:ビームスEX 横浜






イタリア・バーリに拠点を構える、イタリアのテキスタイルメーカーS.G.L.社が展開するチルコロ(CIRCOLO 1901)。テキスタイルカンパニーならではの高品質な素材使いと斬新な表現で、新しい切り口のイージージャケットの地位を確立するイタリアのブランド。スウェットやジャージ素材のジャケットは数あれど、あくまでテーラーメイドの趣の素材と表情、シルエットへのこだわりがチルコロ(CIRCOLO 1901)の魅力。



そこでちょっと個人的に気になったアイテムをピックアップ!




写真はちょっとグレーが強めに出ていますが、実際はもう少しブルーがかっているイメージです。

お馴染みのコットンジャージーで伸縮性に富み、抜群の着やすは個人的にもここ数シーズン病み付きになっております・・・。

ちなみにセットップでジレも展開!





そして、こちらもトレンドの千鳥格子柄で素材はウールジャージーなのですが、着用感はほぼニットカーディガンのそれと言えます。。。

肉厚な雰囲気はコットンジャージーともまた違い、見た目にも温かみがあり保温性にも優れているので、寒い時期にはより重宝しそうですね!


今シーズンも多様なアイテムを展開の<CIRCOLO1901(チルコロ)>に、是非ご注目下さい。。。


~CIRCOLO1901 MORE VARIATION~

9/29~10/10

ビームス札幌

ビームス横浜

ビームスEX横浜

ビームス立川ルミネ

ビームス静岡

ビームスEX京都

ビームス心斎橋

ビームス岡山

ビームス広島(~16日まで)





KAMIYAMA





http://www.beams.co.jp/news/79/



ノープリーツが好きなんです

無藤です。


ビームス各店も、16AW商品に入れ替わり、すっかり秋らしい店頭へと立ち上がりました。「早く秋物が見たい!」というお客様方は、すでに何度もご来店いただき、ご予約されていた商品のお引き取りや、秋冬商品の先物買いをしていただいていると思います。本当にありがとうございます。
そのような洋服が大好きなお客様方が、今シーズン注目している商品の中に、プリーツパンツがあります。実際に、店舗でもプリーツパンツが売れに売れて、現在、追加発注中です。本当に、ビームスのお客様の洋服に対する感度は非常に高いと、いつもながらに感じております。私も、職業柄、常に「新しいものを着てみる」という事を意識しているので、当然のことながら、プリーツパンツは何本も持っており、実際ローテーションに入っております。
でも、やっぱり、腰回りのすっきり見えて、シルエットがシュッとして見えるノープリーツパンツが好きなんです。そして、ビームスでは、今年もプリーツパンツ同様、ノープリーツにもまだまだ力を入れて展開しております。



今シーズンのコットンパンツは、フィニッシングに様々なタイプがあります。PT01では、こぎれいなコーディネートに相性の良い、ワンウォッシュを中心に展開していますが、画像(左から二番目)のハードウォッシュのブラウンが非常にカッコいいと思っています。ポケットの端の部分を見ていただくと、ワンウォッシュとハードウォッシュのフィニッシングの違いが一目でお分かり頂けると思います。


そして、こちらはあえて、フィニッシングにウォッシュをしていないROTAの上品なノープリーツパンツ。このブランドは、イタリアでも、最高級に入るパンツサプライヤーで、ベーシックなスタイルのパンツを最高の技術とパターンで、作り続けています。そのような事もあって、このブランドのノープリーツは、程よいスリムフィッティングが、成熟した色気を感じさせてくれる、「おとな顔」の一本です。


ROTAのノープリーツパンツは、ウエスマンのディテールに特徴があって、最近のトレンドに見られる「サルトリア・テイスト」といえる、長いウエスマンが採用されています。このディテールを、敢えて見せるといった場合、ノーベルトスタイルやサスペンダーを使った着こなしも面白いと思います。


ウール素材は、二強パンツサプライヤーのINCOTEX&PT01が、ここではお見せしきれませんが、充実の品揃えです。今年あたりから、ウールパンツをカジュアルにコーディネートするスタイルが、PITTI UOMOをはじめとし、メンズファッション誌各社様も特集をしています。タートルネックなどのニットウエアにテーラードコートだったり、ダウンウエアに、ウールパンツをコーディネートして、大人っぽい雰囲気のあるカジュアルスタイルなんかも、新しく見えるのではないでしょうか。そのようなコーディネートをするときも、腰回りがすっきり見えて、ボトムスがスリムラインに見えるシルエットが、自分にとってはまだまだ気分です。


店舗スタッフも様々です。やはり、自分の好みで楽しくコーディネートを楽しむのが一番ですね。私は、まだまだ、ノープリーツがローテーションの中心です。そして、自分の愛着のある洋服に、今シーズンは何を加えたら「今年らしさのある新鮮な雰囲気になるだろうか?」などを考えながら、商品を見ていると、とても面白く楽しいですよ。

古くて新しいシルエット…<PALTO(パルト)>

連日の長雨で気分も下がり気味な今週・・・

一雨ごとに季節が秋めいてきた印象ですね。。。


店頭も秋冬物が充実してきたところ、少し早めですがウールコートのご紹介です。
BEAMSでは今季から展開する<PALTO(パルト)>、そのどこか古くて、懐かしい雰囲気がまさに今季っぽいシルエットの一つと言えそうです。。。



PALTO/パルト
ブランドPALTOの由来は、オーバーコートの意味を持つ中世英語のPALTOK、フランス語のPALETOTからとったというコートブランド"PALTO"。イタリア規格、生地、材料、縫製にいたるまで、過去に評価されたイタリア製品の価値を再発見することをテーマに、希少なイタリアの熟練職人によってつくられています。古き良きイタリアを、今のトレンドと融合させた、まさに時代がもとめる洗練されたコートを生産し続けています。 




ラグランスリーブでベルテッドタイプのこちらは、今季注目のモノトーンギンガムチェックでリリースです。

TAKADAのようにルーズに襟を立てて、ラフにベルトを垂らすと“こなれた”イメージに着こなせます。。。

※本人かなり買う気満々でした…


そしてこちらはダブルのチェスターですが、最近の洗練されたタイプ等と比べても明らかにボタン位置が低くどこか懐かしい印象、、、




ツィード素材にレザーのクルミ釦などもレトロな雰囲気・・・

このどこか”ちょっと野暮ったい”イメージが逆に新鮮に映ります。。。




ワイドな襟の感じもかなりモダンですね!


続いて同じモデルですが、こちら注目のミリタリーテイストのタイプはBEAMS別注のタイプ。。。




本来このモデルには乗せられない生地を使用して、メーカーサイドに製作してもらっています。

メタル釦もスペシャルオーダー。。。




今季はここ数シーズンと比べても、非常に充実のラインナップを揃えているコートですが、そんな中でもまさに“古くて新しい”<PALTO(パルト)>は新鮮に映ります。。。

ご興味をお持ちの方は、是非店頭でお試し頂く事をお勧めします。。。





KAMIYAMA

今シーズンの注目

無藤です。

今シーズン、ピッティ ウオモなどの、イタリアの展示会でも良く見かけるようになったアイテムの代表がスーツです。近年は、ジャケットスタイルが大きく注目されていたので、サプライヤー各社も、ジャケットの新しい打ち出しには力を入れていましたが、スーツについては、あまり変化のないシーズンが続きました。それが、16年1月のピッティ ウオモの展示会で、「サルトリア テイスト」といった、プライベートオーダーで用いられるディテール使いのスーツを着こなすというスタイルが、ファッションが好きな業界関係者を中心に、自然発生的に広がっていきました。そこから、「スーツを着る」スタイルが、広がっていき、同時にスーツのディテール、色・柄にも新しさが感じられるものが多く提案されるようになってきました。







ディテールでは、サルトリアテイストの雰囲気が感じられる、チェンジポケットやベルトループなしサイドアジャスタ―などが挙げられますが、柄のお勧めというと、なんといってもチェックスーツです。スーツスタイルが広まってきたのは、スーツをカジュアルに着こなすという新しい提案が出てきたため、スタイリングに幅が出たからなのです。たとえば、タートルネックにスーツを着こなすときに、無地スーツでコーディネートするより、柄物の方が、スポーティーな雰囲気やカントリーテイストといったコーディネートをわかりやすく作る事が出来ます。そんな柄物の中でも、チェックが一番新鮮味があり、生地サプライヤー・スーツサプライヤー各社も、力を入れて新しい提案を積極的に出してきています。







写真を見ていただけれは、ビームスF・ブリッラ両レーベルでも、たくさんのチェックスーツを取り揃えてるのがお分かり頂けると思います。スーツ用のチェック生地をチョイスする際に、最も気を付けているのが、上品でさりげないチェック柄を選ぶ事です。スーツをカジュアルに着るスタイリングが出てきたとはいっても、やはり、ほとんどは、ビジネスシーンでの着用になると思います。そんなビジネスシーンでは「さりげないおしゃれ感」が出るような柄物が、一番適していると考えています。









ブラウン系、ネイビー系、グレー系、それぞれに、色々な柄物をご用意しています。無地のスーツやストライプのスーツはクローゼットの中に溢れるくらいお持ちだというお客様には、是非、今シーズンは、チェックをお試しいただきたいと思います。ネクタイとのコーディネートのコツは、スーツのチェックの大きさとネクタイの柄の大きさが近付かない事です。チェック柄が大きければ、ネクタイの柄は小さ目をお選びに、チェックが小さければ、ネクタイは大きめの柄といった感じで、色のコーディネートは、無地スーツと変わりありません。ウインドペンが入ったチェックならば、ウインドペンの色をネクタイの色に使うというのが、相性が良くなるポイントです。

いかがでしょうか。是非、店頭でご覧になってみてください。きっと、気に入って頂ける一着が見つかると思います。