タグ「濱田友緒」の記事

"濱田窯 在る日の益子 濱田庄司登り窯復活プロジェクトの器たち"のご案内

皆さま


こんにちは。

先月は各地のイベントを行い、忙しくご案内してきました。ご来店いただいた皆様、ありがとうございました!


今月は栃木県、益子のイベントをご紹介いたします。4月末に毎年恒例で行っているBEAMS JAPAN全館で行うイベントの一環となります。




『濱田窯・在る日の益子』

-濱田庄司登り窯復活プロジェクトの器たち-

会期:2018427日(金)~56日(日)

場所:「BEAMS JAPAN5fennica STUDIO


人間国宝の陶芸家、濱田庄司が生前に使用していた登り窯に火を入れる“濱田庄司登り窯復活プロジェクト”。

2015年の開催に続き2回目となった今回は、益子市・笠間市の陶芸家が参加し交流が行われました。


今回<fennica>では、プロジェクトに参加した一部の作家の作品を「BEAMS JAPAN」で販売します。
期間中は、濱田庄司・濱田晋作・濱田友緒の作品や、<濱田窯>で眠っていたヴィンテージアイテム、さらに<fennica>がスペシャルオーダーした別注アイテムも同時に販売します。是非この機会にご来店ください。

取り扱いアイテム:

濱田庄司登り窯復活プロジェクトに参加した12名の作品。

濱田庄司・濱田晋作・濱田友緒。<濱田窯>ヴィンテージ。<濱田窯 × fennica>別注アイテム。
(その他、益子で活動されている作り手の作品、木漆工芸家松崎修、大誠窯大塚誠一など。)


この後も商品のご紹介が続きます。
ぜひ楽しみにお待ちください!

Kikuchi Yuri




"濱田窯 在る日の益子" 今週末までです!

皆さまこんにちは。


ゴールデンウィークに入り、お休みの方も多いのではないでしょうか。

新宿へお越しの際はぜひこちらのイベントもチェックしてみてください!


いよいよ会期が今週末までとなりました。


"濱田窯 在る日の益子〜濱田庄司・篤哉・濱田窯ヴィンテージを中心に〜"


会期:4/28(金)〜5/7(日)

場所:BEAMS JAPAN 5F(新宿)






こちらは濱田庄司の作品。沖縄のサトウキビをモチーフにした平皿や湯呑など。美しい形と絵付けをぜひ間近でご覧ください。






こちらは濱田庄司の六角皿。fennicaレーベルで別注して作っていただいた六角皿の元になるデザインです。庄司のものは高台がついており、少しフォーマルなイメージ。




こちらが今現在、濱田窯で作っていただいているものです。こちらは大中小と3サイズご用意。色々な用途に使えます。






こちら篤哉さんの器も人気で、数少なくなってきておりますが、まだまだ見ていただける商品が揃っております。


5/7(日)までの会期となりますので、ぜひお立ち寄りください。


皆様のご来店お待ちしております。


BEAMS JAPAN 5F

Kikuchi Yuri


〝濱田窯 在る日の益子〝濱田庄司

皆様こんにちは。


イベントが始まり、三日が経ちました。

濱田窯の店内は、独特の雰囲気と、じっくりゆっくり見て頂けるスペースとなっております。


本日は、濱田 庄司のご紹介を致します。


濱田庄司の作品がずらりと並んでいます。濱田庄司は、近現代の日本を代表する陶芸家の一人です。

自身の作家活動の軌跡を「京都で道をみつけ、英国で始まり、沖縄で学び、益子で育った」と振り返っているように、作風にも出ています。




濱田庄司といえば、さとうきびの紋様が有名ですね。


こちらの六角皿を元に、fennica別注で作って頂いた物も店頭には並んでいますので、是非ご覧下さい。


庄司にしか出せない、誰も真似出来ない殆どの、一瞬で描く流し描けの紋様。




まだまだご紹介しきれない作品が沢山あります。40年もの間、濱田窯の倉庫に眠っていた、誰も触れていなかった濱田庄司の作品を是非、間近で見て下さい!!


BEAMS JAPAN5F

Tokunaga Shiori

"濱田窯 在る日の益子" いよいよ始まりました!

皆さまこんにちは。


いよいよ、今日から濱田展が始まりました!朝から沢山のお客様にお越しいただいております。ありがとうございます。




"濱田窯 在る日の益子〜濱田庄司・篤哉・濱田窯ヴィンテージを中心に〜"


会期:4/28(金)〜5/7(日)

場所:BEAMS JAPAN 5F(新宿)








店内はこのように、多くの器をご用意しています。篤哉さんの曲線が美しい器や、濱田窯の新色六角皿など。




そして今回の1番の注目は故濱田庄司の器。写真は一部ですが、この他にもまだまだご用意ございます。70〜80年前の器なども出てきており、こんな間近で見れるまたとない機会です。




また今回は特別に濱田庄司が当時使用していた道具を濱田友緒氏よりお借りしております。こちらも道具を見ながら当時を想うと、ワクワクしてきますね。


この機会にぜひ見にいらしてください。会期は5/7(日)まで。

お待ちしております。


BEAMS JAPAN 5F

Kikuchi Yuri

"濱田窯 在る日の益子" いよいよ明日から開催です。

皆さまこんにちは。


連日ご紹介している、濱田窯のイベントですがいよいよ明日から開催となります。


"濱田窯 在る日の益子〜濱田庄司・篤哉・濱田窯ヴィンテージを中心に〜"


会期:4/28(金)〜5/7(日)

場所:BEAMS JAPAN 5F(新宿)


お店にも続々と器が到着し、準備を進めております。






大変お待たせしました。上記3枚の写真は、故濱田庄司の器です。今回のイベントの為に特別ご用意させていただきました。


今回は濱田庄司の作品が濱田家から直接の蔵出しになりますので、非常に貴重な機会となりました。流通している作品ではないので、新たな作品が世に出るということになりますね。

桐箱には次男の濱田晋作氏の箱書きほどこされます。






こちらは濱田篤哉さんの器。まだまだ続々と届いております。

平皿や鉢など、形も様がなものが入荷しています。




こちらは濱田友緒さんの塩窯作品。詳しくはぜひこちらのブログもご覧ください!




こちらは新規商品の六角皿の新色。緑釉、柿釉、糖釉の代表的な釉薬で二色展開になります。

こちらも今回初めてお目見えなのでぜひ楽しみにお待ちください!


BEAMS JAPAN 5F

Kikuchi Yuri

"濱田窯 在る日の益子" 濱田篤哉さんの器②

皆さまこんにちは。


先日ご紹介した濱田篤哉さんの器ですが、準備していく中で他にも様々な形の器が入荷してきましたのでご案内致します!


"濱田窯 在る日の益子〜濱田庄司・篤哉・濱田窯ヴィンテージを中心に〜"


会期:4/28(金)〜5/7(日)

場所:BEAMS JAPAN 5F(新宿)






こちらは抹茶碗やお猪口など。濱田友緒氏による篤哉さんのお話ですが、堅実な次男の晋作さんとは対照的に、篤哉さんは花を愛でコーヒーやインドカレーにこだわり、自由闊達であたかも花の周りを軽やかに舞う蝶のような人だったそうです。


そんな友緒さんの話を聞いてから見てみると、その様な人柄が器にも滲み出ているように感じます。






また、篤哉さんの器は曲線的な柔らかい形と優しい筆致が特徴です。湯呑みも数型入荷しており、どれも一点一点、形や絵柄が違うため楽しんで見ていただけそうです。



篤哉さんは濱田庄司の門下生ですが、イギリスのセントアイヴスのリーチポタリーにてバーナード・リーチにも薫陶を受けました。リーチ仕込みのハンドル造りを生かして、水差しやコーヒーカップ、マグカップなどを得意にしていたそう。
今回はそんなコーヒーカップとマグカップも多く入荷しています。






他には砂糖壷や大きな蓋物など。変わった形のものも出てきました。


このまたとない機会、いよいよ今週末の28日からとなります。ぜひ楽しみにお待ちください!


BEAMS JAPAN 5F

Kikuchi Yuri


〝濱田窯 在る日の益子〝濱田友緒の器

皆様こんにちは。

 

本日は、濱田庄司のお孫さんにあたる、濱田友緒氏の器のご紹介です。


日程:4/28(金)〜5/7(日)

場所:BEAMS JAPAN 5F(新宿)


濱田友緒氏は、日本全国各ギャラリーでの個展を開催。イギリス•ドイツ•アメリカでも展覧会を開催されたりと活躍。

濱田窯三代目店主として、民藝作風を踏襲しつつもオリジナリティを追求されています。


塩窯と言われる、登窯に塩を入れて焼く手法の器です。

塩窯のなんとも言えない色に惹かれます。全てアソートになっていますので、じっくり選んで見て下さい。


続いて徳利とぐい呑です。

お酒がより一層、素敵に呑める器です。一つずつの販売ですが、是非セットにいかがでしょうか⁈


綺麗なジャグはお花をさして、飾りたい一つです。




見たこともない彫刻的なデザインの六角皿。置いてあるだけで、魅力的な器ですよ。実際に是非店頭で見てみて下さい!!


4/28からのイベントは、とても特別な展示になると思いますので、是非皆様のご来店をお待ちしております。


BEAMS JAPAN 5F

Tokunaga Shiori

"濱田窯 在る日の益子" 濱田窯ヴィンテージの器

皆さまこんにちは。


先日に引き続き、本日も濱田窯展のご紹介です。


"濱田窯 在る日の益子〜濱田庄司・篤哉・濱田窯ヴィンテージを中心に〜" 詳しくはこちらへ。


日程:4/28(金)〜5/7(日)

場所:BEAMS JAPAN 5F(新宿)




濱田窯は人間国宝の濱田庄司が設立した窯であり、今もなお普段使いの器を手作業により、ひとつひとつ製作しています。

今回ヴィンテージ品として出てきたものは、恐らく1970年代に制作されていたであろう器たち。

当時の職人により作られた器が、40年の時を経て今回お目見えです。




2色の釉薬を使った、シンプルな平皿は6寸、7寸、8寸とそれぞれご用意。






私も去年購入した8寸のヴィンテージの器は朝食にてよく使用しています。大きいサイズ感が何を入れてもゆとりがあるので、よくワンプレート料理で簡単に済ませる際に重宝しています。





他にはこのような指描きの湯呑みなど。


今回も特別なものばかり。ぜひ4/28からのイベントで実際に見てみてください。

皆様のご来店、お待ちしております。


BEAMS JAPAN 5F

Kikuchi Yuri


"濱田窯 在る日の益子" 濱田篤哉さんの器

皆さまこんにちは。


今月末の4/28(金)より開催予定のイベント、"濱田窯 在る日の益子〜濱田庄司・篤哉・濱田窯 ヴィンテージを中心に〜"より、今回は濱田篤哉さんのご紹介です。


日程:4/28(金)〜5/7(土)

場所:BEAMS JAPAN 5F(新宿)






濱田篤哉さんは昭和6年、故濱田庄司氏の三男として益子町生まれ、父親のもとで作陶に入りました。昭和31年に渡英し、故バーナード・リーチ氏に師事し帰国後に築窯独立。


料理や植物が好きで、時間があるときはじっくりご飯を作ったり、植物を育てたりしていたそうです。








その為か、草花の絵付けがされたものが多く、シンプルで素朴だけれども温かみのある器が特徴的です。

上の写真の器は6寸サイズで、棚に飾っても絵になりそうですね。




他にも、益子の代表的な釉薬である柿釉を使った8寸皿など迫力のある器もお目見え。


若くして亡くなられた篤哉さんの器は数多くはなく、ぜひこの機会に見ていただきたいです。

どれも今の時代にはない独特な雰囲気で、手に持つとしっくり馴染むものばかり。




この後も濱田窯のイベントの紹介が続きます。ぜひ楽しみにお待ちください。


BEAMS JAPAN 5F

Kikuchi Yuri


濱田窯・在る日の益子~濱田庄司・篤哉・濱田窯ヴィンテージを中心に~



BEAMS JAPAN 1周年記念イベント      

           < 濱田窯・在る日の益子>

       ~濱田庄司・篤哉・濱田窯ヴィンテージを中心に~

 

 日程: 2017428()5/7()

場所: BEAMS JAPAN5階 <fennica STUDIOhttp://www.beams.co.jp/shop/j/

 

 濱田庄司と三男の篤哉が大事に使っていた長屋門倉庫(東側)をこのたび開放し、

 「お蔵出し」の作品を販売いたします。約40年の封印からよみがえる

 在りし日の濱田窯の品々をぜひご覧ください。

 

 ※「お蔵出し」の濱田庄司・篤哉・濱田窯ヴィンテージ商品の他に現行の濱田窯や濱田庄司復刻モデルの六角皿の新柄を含め、多数そろえます。

濱田窯三代目当主の友緒の新作も併せてご覧ください。

 


・濱田窯3代目当主 濱田友緒様からイベントに関するコメント

『濱田庄司が益子の地へ窯を築き、最初に構えた長屋門工房。

ここは、庄司とバーナードリーチが肩を並べて作陶したところでもあります。

濱田庄司没後、約40年のあいだ誰にも使われることなく濱田窯の倉庫として静かに眠っていましたが、

昨年、長屋門倉庫を展示ギャラリーとして再活用することになり、保存していた品々を公開販売することになりました。

昨年BEAMS JAPAN5階fennica STUDIOにて披露したのが濱田篤哉作品と濱田窯のオールドヴィンテージでした。

両方とも皆様に大変ご好評いただきました。

そして、今年はいよいよ濱田庄司作を披露することになりました。

40年間の眠りから覚めた、初公開の庄司作品を直に見て触れて、庄司が健在だったころの「在る日の益子」を感じていただけましたら幸いです。』

           

SUZUKI



Go Kasamashiko via TOKYO いよいよ明日から!fennica別注"Mashiko Jug"登場です!

GO KASAMASHIKO via TOKYO 理想のクラフト郷へ 
 -笠間と益子の魅力 - 

 美しい自然に囲まれ、創造性を育む文化が息づく街、笠間と益子。『GO KASAMASHIKO via TOKYO』は、陶の里として知られる両地の魅力を知り、体感できるイベントです。メイン会場の渋谷ヒカリエ8/COURTでは、40名以上の作陶家たちの作品が集う展示販売会を行うほか、花とうつわのワークショップや現地の風を届けるインスタレーションなども開催。また、サテライト会場となる各ショップでは、それぞれの視点で笠間・益子を編集した販売会を行い、両地の奥深さに迫ります。

 

サテライト会場のひとつ、BEAMS JAPAN fennica STUDIOでは益子にクローズアップ。2012年に原宿・インターナショナルギャラリービームスにて行われた”MASHIKO:POTTERY CENTRAL an exhibition at fennica 焼き物の里 益子や、2015年には益子のアートイベント土祭“に参加し、濱田庄司とメキシコの民藝”にて出店。2016年にはfennica STUDIOにて濱田篤哉 陶展を行うなど、ゆかりのある地。今回は濱田窯・濱田友緒・大塚誠一・大誠窯の陶器、松崎修の漆塗り木工品をご紹介。伝統に裏打ちされた現在の工芸の中から、fennicaの眼で選んだ商品を幅広くご紹介します。


メイン会場:渋谷ヒカリエ8F 8/COURT

日時:2017216日(木)〜22日(水)
11:00
20:00(初日14:00から/最終日18:00まで)



今回のスペシャル商品はfennica×濱田窯の"Mashiko Jug"。

本イベントにて初の販売となります。

イギリス・コーンウォール地方の伝統的な水差、コーニッシュジャグ(コーニッシュピッチャー)。

表面が素焼きで口部分に釉薬が掛かっているのが特徴で、フォルムやイメージをもとに、fennicaレーベルのディレクターであるテリー・エリスが濱田窯に依頼し生まれたものです。

かたちは2型ご用意しております。




かたちや色合い・素材感も、上手くマッチしています。

素焼きの表面は、使っていく中で徐々に味わいが出てきそうですね・・・

それぞれ釉薬の流れ方なども少しづつ違うので、気に入ったものを選んで頂ければと。


民藝の焼き物は勿論、メキシコのガラスなどと合わせて使うのも格好良いのではないでしょうか?

ちょっとプリミティブな雰囲気も楽しめると思います。


今週の東京は概ね天気も良さそうです。他の参加店舗とも合わせて、fennica STUDIOに遊びにいらして下さい。
次回は店内の様子をご紹介します!

ASAMI





お気に入り登録はレーベルトップ右下のボタンをクリックして下さい。

ブログ・スタイリング・フォトログで、最新情報がチェック出来ます!








新宿 BEAMS JAPAN fennica STUDIOはこちら


原宿 インターナショナルギャラリー ビームスはこちら


ビームス 神戸はこちら

Go Kasamashiko via TOKYO 濱田友緒さんのうつわ

GO KASAMASHIKO via TOKYO 理想のクラフト郷へ 
 -笠間と益子の魅力 - 

 美しい自然に囲まれ、創造性を育む文化が息づく街、笠間と益子。『GO KASAMASHIKO via TOKYO』は、陶の里として知られる両地の魅力を知り、体感できるイベントです。メイン会場の渋谷ヒカリエ8/COURTでは、40名以上の作陶家たちの作品が集う展示販売会を行うほか、花とうつわのワークショップや現地の風を届けるインスタレーションなども開催。また、サテライト会場となる各ショップでは、それぞれの視点で笠間・益子を編集した販売会を行い、両地の奥深さに迫ります。

 

サテライト会場のひとつ、BEAMS JAPAN fennica STUDIOでは益子にクローズアップ。2012年に原宿・インターナショナルギャラリービームスにて行われた”MASHIKO:POTTERY CENTRAL an exhibition at fennica 焼き物の里 益子や、2015年には益子のアートイベント土祭“に参加し、濱田庄司とメキシコの民藝”にて出店。2016年にはfennica STUDIOにて濱田篤哉 陶展を行うなど、ゆかりのある地。今回は濱田窯・濱田友緒・大塚誠一・大誠窯の陶器、松崎修の漆塗り木工品をご紹介。伝統に裏打ちされた現在の工芸の中から、fennicaの眼で選んだ商品を幅広くご紹介します。


メイン会場:渋谷ヒカリエ8F 8/COURT

日時:2017216日(木)〜22日(水)
11:00
20:00(初日14:00から/最終日18:00まで)


イベントface bookページはこちら


https://ja-jp.facebook.com/gokasamashiko/



こちらは2年前の夏に濱田窯を訪れた際に行われていた、塩釉の窯焚き。

焼いている途中、半分に割った竹に詰めた塩を入れていきます。

右に写っているのが、濱田友緒さんです。


fennicaレーベルでも常設でお取り扱いさせて頂いている、濱田友緒さんの作品。

店頭から一部をご紹介します。


最初に写っていた塩釉の窯で焼かれたもの。元々ドイツで行われていた技法を、

濱田友緒さんの祖父・濱田庄司氏が持ち帰り、現在も行われています。


こちらの円形の文様はコンパスで跡を付け、模様にしたもの。

円の重なりやピッチに、丁寧なお仕事が感じられます。






お猪口と徳利も見逃せません。学生時代は彫刻をされていたそうで、造形にもモダンさが表現されています。






赤絵の6角皿は、裏面に印の入った珍しい作品。

2年前に行われた、濱田庄司登り窯復活プロジェクトの時に焼かれたものにしか入っていない、貴重なものです。

飾って美しく、ハレの日の食卓にも映えるような一品です。


次回はfennica×濱田窯別注の、"Mashiko Jug"をご紹介します!



ASAMI


お気に入り登録はレーベルトップ右下のボタンをクリックして下さい。

ブログ・スタイリング・フォトログで、最新情報がチェック出来ます!




新宿 BEAMS JAPAN fennica STUDIOはこちら


http://www.beams.co.jp/shop/j/


原宿 インターナショナルギャラリー ビームスはこちら


http://www.beams.co.jp/shop/ig/



ビームス 神戸はこちら

http://www.beams.co.jp/shop/kbc/


Go Kasamashiko via TOKYOに参加します!

GO KASAMASHIKO via TOKYO 理想のクラフト郷へ 
 -笠間と益子の魅力 - 

 美しい自然に囲まれ、創造性を育む文化が息づく街、笠間と益子。『GO KASAMASHIKO via TOKYO』は、陶の里として知られる両地の魅力を知り、体感できるイベントです。メイン会場の渋谷ヒカリエ8/COURTでは、40名以上の作陶家たちの作品が集う展示販売会を行うほか、花とうつわのワークショップや現地の風を届けるインスタレーションなども開催。また、サテライト会場となる各ショップでは、それぞれの視点で笠間・益子を編集した販売会を行い、両地の奥深さに迫ります。

 

サテライト会場のひとつ、BEAMS JAPAN fennica STUDIOでは益子にクローズアップ。2012年に原宿・インターナショナルギャラリービームスにて行われた”MASHIKO:POTTERY CENTRAL an exhibition at fennica 焼き物の里 益子や、2015年には益子のアートイベント土祭“に参加し、濱田庄司とメキシコの民藝”にて出店。2016年にはfennica STUDIOにて濱田篤哉 陶展を行うなど、ゆかりのある地。今回は濱田窯・濱田友緒・大塚誠一・大誠窯の陶器、松崎修の漆塗り木工品をご紹介。伝統に裏打ちされた現在の工芸の中から、fennicaの眼で選んだ商品を幅広くご紹介します。

 

メイン会場:渋谷ヒカリエ8F 8/COURT

日時:2017216日(木)〜22日(水)
11:00
20:00(初日14:00から/最終日18:00まで)

BEAMS JAPAN fennica STUDIOは、2月22日(水)店休日となっております。


関東にお住まいの方にとって、栃木県の益子町や茨城県の笠間市は、焼き物の産地として身近な場所かと思います。

益子陶器市や土祭(ひじさい)、陶炎祭(ひまつり)に行かれた事のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

かくいう私も年に数回、電車や車・バスなどで遊びに行っています。


産地に行って買い物や美術館・博物館を見学し、その土地のものを食べる楽しみは、なかなかクセになるものです。

ただ「忙しいし、ちょっと遠い・・・」という方には朗報です。


渋谷ヒカリエのメイン会場を始め、都内各参加ショップで益子・笠間のクラフトの展示販売やワークショップが行われます。

今回は本イベントのサテライト会場のひとつとして、BEAMS JAPAN fennica STUDIOも参加。


この機会に、定番でご紹介しているものの魅力を改めてご紹介すると共に、別注商品も準備しております。



新宿BEAMS JAPANと、原宿インターナショナルギャラリービームスでは、本イベントのマップ類も配布中です。

開催期間中は是非そちらを手に、都内の参加ショップを色々と巡って頂ければと。


このブログを書いていたら、何だか遊びに行きたくなってきました・・・

益子・笠間にお出掛けするのは勿論、本イベントも楽しんで頂ければと思っております。

ご期待下さい!!!


ASAMI