スタッフ「岸 卓司」の記事

ETTINGER其の二

こんばんは岸です。


本日は前回に続きコチラをご紹介。




2007年に王室カラーであるロイヤルパープルの使用が許可


された事でスタートした


エッティンガー


パープルコレクション。


小学か中学の頃、聖徳太子の冠位十二階でも紫は高貴な色だと教わりましたが、


紫を高貴な色としている国は色々とあるみたいですね。


これは、昔は染料なども無かったので、天然の草や貝などから紫色を出すのが、


大変な手間と労力が掛かる為、一部の上流階級者しか手に入れられなかったからみたいです。


ちなみに、お寿司屋さんで紫は醤油の隠語ですが、これは江戸時代に醤油が塩の8倍も高い値段だった事から、貴重な物の代名詞である紫を


醤油を意味する言葉として使ってた名残の様です。


お寿司、食べたくなってきました。


今は、つぶ貝や真いかが旬な時期ですが、


随分とご無沙汰してます。




名刺入れ


21-64-7020-566


¥28,000+税




コインケース


21-64-7072-566


¥30,000+税








キーケース


21-65-7018-566


¥23,000+税





二つ折り財布


21-64-7022-566


¥37,000+税




二つ折り財布小銭入れ付き


21-64-7019-566


¥42,000+税




長財布


21-64-7018-566


¥43,000+税




前回紹介したシリーズはブライドルレザーでしたが、


コチラはかなりキメの細かいカーフを使用。


持った感触も柔らかくしなやか。


加えて、見て下さいこの細く細やかなステッチ。


ポケットに入れた際に邪魔にならない様に


極限迄革を薄くしていますが、華奢な様に見えて耐久性は抜群。




角のステッチ。


端の所の革に切れ込みを入れてしまえば簡単なのですが、


革を入れ込んでその上から縫っています。


そうすると普通は厚みが出てしまいがちですが、


ご覧の通りに厚みは殆ど出てません。


ホント、熟練の職人の成せる技です。




お寿司を食べに行く前や食べた帰りにでも、フラッと立ち寄ってみて下さいね。


お問い合わせ、ご来店お待ちしております。

ETTINGER

こんばんは、岸です。



新年度がスタートするこの機会に色々な物を新調される方も多いのではないでしょうか。



上履きやら、文房具やら、

手帳など。



持ち物を変えると気分も変わりますね。



そこで本日は持つと気分も変わる。

で、あろう。



コチラをご紹介。







既に何度もブログなどで紹介されているので、



ご存知の方も多いと思います。



英国を代表するレザーグッズメーカー。



〈ETTINGER〉



英国王室御用達を証明する



ブランドロゴの上にあるロイヤルアームス【紋章】が誇らしげ。



最初に見た時は蛇?と思いましたが、違いました。



王冠に三本の羽根。



(プリンス・オブ・ウェールズ)チャールズ皇太子の紋章。



王冠の下のリボンに入っているのは、



ドイツ語でICH DIEN【私は仕える】



何故、イギリス皇太子の紋章なのにドイツ語なのか。



この話はまた後日に。



又、前置きが長くなりました。



紹介商品コチラです。



BILLFOD財布


21-42-7137-566


¥35,000+税




VISITING名刺入れ


21-42-7134-566


¥26,000+税





 NEW COIN CASE


21-64-7010-566


¥29,000+税




KEY CASE


21-42-7246-566


¥21,000+税




SHOE HORN


21-42-7138-566


¥14,000+税




定番の色もいいですが、新しく加わったグレーで揃えてみました。



どれも、光沢感のあるブライドルレザーと内側に使用している明るい鞣し革の対比がいいです。



名刺入れや、キーケースなどは女性の方が持たれても素敵だと思いますし、



新社会人の方、名刺入れ必要ですよね。



ありますよ。



取引先との会食などで、御座敷に上がる事が多い営業の方、



携帯型の靴べら、



ございます。



今回ご紹介した他にも色々と取り揃えておりますので、是非一度ご覧になってみて下さい。


お問合せ、ご来店お待ちしております。



茶のスーツ

こんばんは岸です。



先日の4月8日はお釈迦様の誕生日を祝う灌仏会(かんぶつえ)でしたね。



花まつりとも言われます。



釈迦が誕生した時の姿を表現した誕生物の廻りを花で飾り付け、



仏像に甘茶をそそいで祝います。



小さい頃は近所のお寺に行くとお菓子をくれたので、



花まつりの日には良く行きました。



上京してからは、お寺に足を運ぶ機会も少なくなり甘茶を飲む事も



仏像にそそぐ事も無くなってしまいましたが。



甘茶と言えば、茶色。



茶色と言えば、今シーズンは茶系のスーツが豊富です。





こちらにも




あちらにも





色々なブランドから出されていて、バリエーションも様々。






スリーピースや






コットン






ライトブラウンのグレンチェック






ピークドのミニチェックなど。



例年に無く豊富に揃ってます。



そんな数ある中から、コチラのブランドをピックアップ。




 


De Petrillo



伝統的なテーラリングを駆使した軽い着心地と時代性を反映させたシルエットや独自の素材を使った製品でファンを増やしているナポリのファクトリー。





6BUTTONS LINEN SOLID


21-17-0144-380


¥140,000+税

存在感がずば抜けている太目のラペル。




がっしりとした生地感の麻100%



パンツはサイドアジャスターの2プリーツ



3BUTTONS WOOL/COTTON GABA


21-17-0142-380


¥150,000+税


毛と綿なので着用期間も長く、適度なカジュアル感のある生地。


こちらもパンツは同様の仕様。





3BUTTONS WINDOWPANE 


21-17-0140-380


¥158,000+税





毛、絹、麻の3紗混。


色んな色合いの糸が使われているので、表情が豊かです。

お仕事以外にも、結婚式やパーティなど、少しハレの時に茶色のスーツを


着てみては如何でしょうか。



ネイビーやグレイとは又、違った雰囲気が楽しめますよ。



合わせる靴も色々とご用意してます。





タッセルや、





ローファー





ボリュームのあるラバーソールタイプも。





勿論、正統派な靴もございます。





お問い合わせ、ご来店お待ちしております。


あらためまして

こんばんは岸です。



春は進学や就職、異動などで新しい場所へ移る方が多い季節ですね。



私は大学進学と同時に、北関東の片田舎から上京したのですが、



入った県民寮が1年生は2人部屋で、狭い上に冷暖房も無くパイプで出来た2段ベット。



もちろん部屋にはシャワーやトイレも無く、



シャワーは建物から一度出ないと入れない



お湯が出る迄しばらく裸のまま待たなければならない。と、



まるで収容所の様な所だったので、



東京に慣れるというよりは、寮の環境に慣れる迄が大変でした。



お陰で寒さには強くなりましたが。



さて、期待や不安と一緒に上京される方や既にされた方も多いこの季節に



あらためて、ビームスFのお店をざっくりとご紹介させていただきます。



あくまで、ざっくりと。






かなり年季の入った看板。



ビームスF立ち上がり当初のお店からあった様なので歴史を感じます。






入口横にあるメインディスプレイ。







入口。



ご覧の様に扉は常に開けてますから、気軽に入って下さいね。








トルソーがお出迎え。






入って右側。


コットンパンツなどのカジュアルアイテム。







シャツ、ネクタイコーナー。







ネクタイ、チーフ専用の什器。



品揃え、充実してます。








中央から奥に掛けてはドレス系のアイテム。






正面にはスーツ。






手前にはスラックス。






お会計はこちらで。と山下。







ヨーロッパにある古い教会をイメージしたとされる黄色い壁と白い階段を昇って2階へ。







こんな感じ。



外の光が充分に入るので、気持ちいいです。






シューズコーナー。



椅子に掛けてゆっくりと選べます。






BAG類。






財布などの小物類も充実。






奥には広々としたオーダーサロンが。






お勧め生地はここから選んでました。






タキシードやブラックスーツなどフォーマルウェア。



こんな感じです。



本当にざっくりですみません。



旅行や出張などで、原宿近辺へお越しの際にも、



是非一度お立ち寄り下さい。



スタッフ一同お待ちしております。







私ならコレで作りたい

こんばんは岸です。




最近の昼休みはもっぱら、休憩室のテレビで春の選抜高校野球を見ております。




残念ながら私の出身県からは出場してませんが、




漲る若さとトーナメント戦ならではの緊張感がいいですね。




観てると選手達が使っているユニフォームや道具も私が学生だった頃に比べると、




軽量化されたりお洒落になったり進化してるんですね。




20年以上も前なので、当たり前ですが…




さて、今日もスタッフが作りたい、お勧めしたい生地をスタッフ目線でお届け。




本日は、私から。




コチラ。







<DORMEUIL>



iconik fancy nano







世界的なマーチャント【生地商】のドーメルから。







コチラ。



また、英国調推しかぁ。



と、呟きが聞こえて来そうですが、



そうです!



こういうのが好きなんです。



グレーに淡いピンクのウインドーペンが堪らないんです。



しかもこれ、



ただの生地じゃありません。





失礼して水をちょこっと。



2枚目の写真にも写っていましたが、



WATER REPELLENT



撥水加工生地です。



しばらく置いていから水滴をずらします。



すると、






じぇじぇ!



元の位置には浸み込んだ形跡が全く見当たらないではありませんか!




羊毛なので、ある程度の撥水性はどの生地にも有りますが、




この生地はナノテクノロジーで仕上げており、撥水機能を持たせ、




通気性を維持しながらも水を弾き汚れの付着を防ぎます。




又、ストレッチ性を持たせているので動きにもストレスを感じず、




200gと軽量なので盛夏でも大丈夫。




英国調な面構えなのにハイテクノロジー。




そうです。




生地も日々進化をしています。




春の選抜の後には夏の甲子園が。




しかし、その前に必ず来るのが、




梅雨。




うっとおしい梅雨の通勤や外廻りでも、




この生地を使ったスーツを着たら、雨を弾いて気分も弾けるかも。

しれませんね。




是非、この機会にあなただけの一着を仕立ててみては如何でしょうか。




今回ご紹介したコチラは



オーダースーツ

148,000+税~




お問い合わせ、ご来店お待ちしております。

私ならコレで作りたい

こんばんは岸です。





本日は当店のブログでもお馴染み、山下からお勧め生地をご紹介致します。








手の置き方に彼の几帳面な一面が垣間見れます。





店舗では最年少ですが、クラシックを踏まえた自分のスタイルを持っている山下。





気になる方は是非スタイリングの方もご覧になって下さい。





そんな、山下が紹介するのは、







〈LORO  PIANA〉



SUMMER TASMANIAN



イタリア語で軽いウールファブリックの事を指す言葉の“タスマニアン”


汚染されていないオーストラリア南部のタスマニア島のメリノウールで作られていた事から


その名前が付いたそうな。



現在でも、オーストラリアの厳選されたウールを使い作られており、理想的な生育環境で育ったメリノ羊から採った繊維は非常に細かく、紡ぐと蒸発性、耐熱性、耐久性、軽さ、快適さを持った生地となる。


そうな。



そしてコチラは、






表から見ても、







裏から見ても、



ソラーロ。



渋い。




光沢感とドレープ感がいいですね。




では、山下に選んだポイントを訊いてみましょう。




『ソラーロなんですが、ブラウンなので玉虫色系に比べると使いやすいかなと。』




『赤茶っぽい色味が出てるのも、いいですよね。はい。』



はい。




色々ブログなどで紹介されているソラーロですが、




一口にソラーロと言っても色々な色味や生地が有ります。




その中でも、ネイビーやダークブラウンだと比較的入りやすいですね。







『裏地はコレで。』




そーです。




裏地や釦も選べます。




山下は表地にも出ているエンジ色を裏地にチョイスしたみたいです。





以前、スティールラティーノでスーツをス、ミズーラした山下ですが、カスタムベーシックは未経験。





是非、コレで作って貰い




“私はコレで作りました。”





編をブログでやって欲しいものです。




今回ご紹介した生地は、




スーツオーダー


¥174,000+税〜




21日までダブルポイントキャンペーンを開催中。



勿論、オーダー品にもポイントが倍付きます。




お問い合わせ、ご来店お待ちしております。

私ならコレで作りたい

こんばんは岸です。




私は花々よりも食材で季節の移ろいを感じます。



さより、さわら、浅利、菜の花や春キャベツ、あしたばなどなど。




先日も浅利とネギの饅や菜の花の辛子和えを晩酌のつまみに。




更に独活の煮物も。




欲張りました。




旬の物は美味しいですよね。




さて、今回も当店スタッフが自分目線のお勧め生地をご紹介します。




本日は、当店のディスプレイを一手に担う小沢から。




ブログなどで紹介しているマネキンのコーディネートやショーケースのレイアウトなどは、殆ど小沢の手によるもの。




そんな小沢がお勧めする生地はコチラ。







〈CACCIOPPOLI〉



Irish Linen



まごうことなき麻100%







では、お勧めポイントを訊いてみましょう。




『ナチュラルトーンからブラウンの色目が、今季らしくていいんじゃないかなって思います。』




確かに外せない色です。




写真の様にポロシャツにショーツや、




スーツでサンダルなど、




色々と楽しめそう。




スーツだと膝が抜けたり耐久性が気になったりしますが、それもまた麻ならでは。




あれ、小沢がもう一つ持って来ました。







小沢も欲張りました。



欲張り小沢がどうしても紹介したかったのが



コチラも



〈CACCIOPPOLI〉



Cotton&Linen



シアサッカー生地のグレンチェック。






独特の生地感。




『スーツでもセパレートでも使えて、セットアップで着た時にも派手になり過ぎないのがいいと思います。』




私もそう思います。




カジュアルなサッカー生地もグレンチェックにすると、グンと大人っぽい雰囲気。




上でご紹介したリネン生地は




ジャケットオーダー

¥118,000+税~


スーツオーダー

¥167,000+税~




シアサッカー生地は



ジャケットオーダー

¥105,000+税~


スーツオーダー

¥148,000+税~




と、なっております。




どちらも、仕上ってくる頃には旬ですしね。




この機会に自分だけの一着を仕立ててみては、如何でしょうか。




フォトログでもお勧め生地をご紹介しておりますので




そちらも是非ご覧下さい。




お問い合わせ、ご来店お待ちしております。






私ならコレで作りたい

こんばんは岸です。



スポーツの話題を何度かしてますが、スポーツと同じくらいに映画も好きで時間がある時には映画館に行ったり家で観たりしてます。



先日の休みも家でのんびりと一人で映画を観ていたところ、ラストシーンが以前に観た事のある映画と一緒。



あれ?と思い検索したらスペイン映画をハリウッドがリメイクした作品でした。



好きだと似た様な物選びがちですね。


 

さて、今回もスタッフがお気に入りやお勧めの生地をご紹介します。




本日は若手のホープ川田。






グリーンのコットンスーツを身に纏った川田が手にしているのは、




コレまたグリーンの生地。




好きだと似た様な物選びがちですね。







〈CANONICO〉



BRITANNIC COLLECTION



モヘアクラトロ



なんだかピザみたいな名前。



失礼しました。



ピッツァでした。



名前の通りフォローシーズンに亘り着用可能なモヘア服地として人気を誇っているコチラの生地。







深みのあるグリーン。



若いですが、渋めが好きな様です。



そんな川田にお勧めポイントを聞いてみましょう。



『先ず色っスね。それと、既製だとこのぐらいの深いグリーンってやってないんで。』



確かに。



『あと、あれっス。モヘアが入ってるんで。ウール100%だと駄目っス。この光沢感とシャリ感が出ないんで。』



なるほど。



コチラの生地はウールが73%モヘアが27%。



川田が言っていた光沢感とシャリ感に加え通気性も兼ね備えているので、春から夏に向けてピッタリ。



特に日差しのある日には更に映えますね。







色味が分かり辛いかと思うので、同じくカノニコ生地のグレイと比べてみます。



如何でしょうか。



この生地のスーツでしたらタイドアップは勿論の事、今季お勧めのオープンカラーシャツやポロシャツなど

軽い装いにしてもいいですね。



コチラはスーツオーダー



¥106,000+税〜




この機会に自分だけの一着を仕立ててみては如何でしょうか。


フォトログでも紹介しておりますので、そちらも是非ご覧ください。


お問い合わせ、ご来店お待ちしております。


私ならコレで作りたい

こんばんは、岸です。



平昌オリンピックもシックスネーションズも終わり気持は早くも来月から始まる大相撲三月場所。



あの方は、出場されるのでしょうか。



気になります。




さて、題目であげました。

私ならこの生地で作りたい。



現在開催しているオーダーフェアに合わせて、スタッフの好みやお勧めの生地をあくまでスタッフ目線でご紹介していきたいと思います。



先ずは私から





〈DRAPERS〉


ASCOT


 TWOandFOUR PLY



世界的なマーチャント〈生地卸商〉であるドラッパーズの新作からコチラ。








淡いブラウンベースのグレンチェックに紅いウインドーペンが入ったコチラの生地。




何度となく使われているキーワード




英国調です。






寄りました。





重厚感のある四双織り〈フォープライ〉の340g。




重厚ですが、張りがあり皺になりにくく復元性と通気性は備えているので、高温多湿な日本の気候にピッタリ。



又、春夏物の生地ですが、通年様として使えるのも嬉しいところ。



作るならやはりスリーピースでしょうか。




色違いもあります。



因みに今回ご紹介したコチラの生地ですが、



¥155,000+税〜



スーツオーダーいただけます。



この機会に自分だけの一着を仕立てみては如何でしょうか。



お問い合わせ、ご来店お待ちしております。



オーダーフェア

こんばんは岸です。



本日は前置き無しで、コチラをご紹介致します。






2月23日より始まる



Custom Tailor BEAMS


オーダーフェア



もう既にお馴染みですね。




今回も沢山の生地をご用意しております。








チェックや









ソラーロ









シアサッカー









デニム








カラフルな無地や







チェック柄のジャケット生地








こんな変り種も。







シャツ生地も豊富。




勿論、今回ご紹介した生地以外にもまだまだ沢山ご用意しております。




この機会に自分だけの一着を仕立てみては如何でしょうか。







お問い合わせ、ご来店お待ちしております。






誠に勝手ながら、2月21日は店休日とさせていただきます。



大人のポーチ

こんばんは岸です。



始まりましたね。平昌オリンピック。



個人的にはオリンピックよりも気になっているイベントが有ります。



シックスネーションズ。



6カ国対抗ラグビー。



イングランド、ウェールズ、アイルランド、スコットランド、スコットランドの英国5カ国にイタリアを加えた、この大会。



来年日本で開催されるワールドカップの予選で同じグループとなるアイルランドやスコットランドの戦い方が気になります。




すみません。前置きが長くなりました。



そこで、今日はラグビー発祥の地、イングランドからやって来たコチラをご紹介。




〈JOHN CHAPMAN〉




キャンバス×レザー ポーチ


21-61-0096-343


12,000+税



ポーチです。



至って普通。



しかし、クラッチでは無く、大人が持てるポーチって少なかったので新鮮。




防水素材のボンデッドキャンバスとベジタブルタンニングレザーを使用。



開けてもシンプル。



携帯入れはおろか、間仕切りは一切無し。



この無骨さが潔い良い。




シンプルですが、元々が釣りや、狩猟用の鞄を作っているブランドなので、持ち手のレザーの処理や留め具のリベット補給など、細かい所まで抜かりありません。



勿論、英国製。





スタッフ川田に持って貰いました。



大き過ぎず小さ過ぎずなバランス。




財布、キーケース、携帯、文庫本も入ります。



バックインバックとしても使ってもよろしいかと。



ポーチを片手にお出掛けしてみては如何でしょうか。





お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。



スプリングコート

こんばんは、岸です。


立春も過ぎ、暦の上ではもう春。


しかし、まだまだ冷たい風が吹くこの季節にご紹介する商品はコチラ。





春はスプリング。


スプリングコートです。




無理矢理ですが。



様々なブランドから出されており、盛り沢山。




定番のナイロンや、




デニム生地も。




そんな数ある中から取り上げるのはコチラ。


<BARBOUR>


WHITLEY TRENCH


品番:21-19-0204-197


¥59,000+税




大きなチンストラップでバッチリ防風。


又、襟がコーデュロイになっているので、襟を立てた時に顔が冷んやりしません。


有り難い。





入口のトルソーも着用しています。


男臭いアイテムですが、上品に見えますね。


是非、店頭でご覧下さい。


お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。

FUMAGALLI

こんばんは、岸です。


大相撲初場所も昨日で終わり。


栃ノ心が平幕力士としては6年ぶりに優勝を飾りました。


栃ノ心は東ヨーロッパのジョージア出身。


そんな栃ノ心初優勝で湧くジョージアから遥か3,400km余り離れたイタリアはミラノ。


そのミラノから届いた商品を本日はご紹介致します。





<FUMAGALLI>


LEAF ポケットチーフ


品番:21-47-0200-977


¥5,800+税







PAISLY ポケットチーフ


品番:21-47-0201-977


¥5,800+税







 FLOWER ポケットチーフ


品番:21-47-0171-977


¥5,800+税




高級ネクタイメーカーとして有名なフマガッリ。


色使いや柄が良い事でも定評が有ります。


又、どれも素材がコットン70%シルク30%となっているので、ドレッシー過ぎず適度なカジュアル感が有るのもお勧めしたい点。


今回の春夏ではワンピースカラーシャツやオープンカラーシャツなどネクタイをしないスタイルの商品がより多く提案されていますので、胸元を彩るチーフはいつも以上に注目したいアイテムです。



BOTANICAL ネッカチーフ


品番:21-45-0037-977


¥12,000+税


一番上に紹介したチーフと同じ柄のネッカチーフ。





スタッフ小沢の首を拝借。




多色使いながらも落ち着いた雰囲気。


巻くだけでかなり雰囲気が変わりますから、費用対効果はバッチリ。


因みにスタッフ小沢のネックサイズは37みたいです。



まだまだ寒いですが、胸元や首元から春を感じてみては如何でしょうか。


お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。

ORIAN DENIM DIVISION

こんばんは、岸です。


今日は都心部でも雪が降るなど、まだまだ厳しい寒さが続いてますね。


そんな中、天候には関係無く新作が続々と入荷しています。


本日は入荷したての新作からコチラをご紹介致します。






<ORIAN>

DENIM DIVISION ワンピースカラー

品番:21-11-0423-837

¥25,000+税

サイズ

XS.S.M.L.XL

カラー

BLUE




新型のワンピースカラー

少し大振りな襟型が新鮮。

様々なブランドから出されており、外せないアイテムとなっているワンピースカラーシャツ。




<ORIAN>

DENIM DIVISION プルオーバー

品番:21-11-0437-837

¥24,000+税 

サイズ

XS.S.M.L.XL

カラー

INDIGO




こちらも、ワンピースカラー同様注目アイテムのひとつプルオーバーシャツ。

やや短めなスクエアカットの着丈。




ワンピースカラーの襟とは違い、コチラはやや小振りのワイドカラー。

デニムですが、軽くて柔らかな生地なのでゴワつきません。


是非、店頭でお試し下さい。


お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。

英国製クラッチ

皆様はじめまして、こんばんは。


本日より新たにブログ担当に加わりました岸と申します。



不慣れではございますが、宜しくお願い致します。



早速ですが、本日私からご紹介するのはコチラ。




<GLENROYAL>


CLUTCH


品番:21-62-0144-175


¥63,000+税


スコットランド中西部のエア・シャーにて1979年に創業した英国を代表する鞄ブランドであるグレンロイヤル。


3.5mmのブライドルレザーを用いているので、クラッチながら重厚感のある佇まい。


勿論、英国製。




ファスナーの持ち手が錠前と一体になる機能性とデザイン性を兼ね備えた作り。




鍵も付いているので安心。




ここ迄開くので中身の出し入れも楽々。




世界一ハイクオリティなメンズ雑誌

THE RAKEもすっぽり。




上からOXFORD TAN、CIGAR、DK.BLUE、NEW BLACK

の全4色展開。


引き続き外せない英国調のアイテム。




カジュアルスタイルに。




スーツスタイルに。


お問い合わせ・ご来店、お待ちしております。