タグ「fortela」の記事

華麗なる”TAKA”ビー vol.64

こんにちは、安武です。



前回に続き、秋冬のスタイリングを披露してくれた高田。

まだまだ暑いですが、これを見ているだけでもちょっとずつ秋冬がイメージ出来てくるでしょ?

Jacket...FORTELA(フォルテラ)

Gilet...FORTELA(フォルテラ)

T-Shirts...CIRCOLO1901(チルコロ1901)

Pants...BERWICH(ベルウィッチ)

Shoes...DOUCAL'S(デュカルス)



ヴィンテージ生地を使用したジャケットは、U.S.NAVYのデッキジャケットをベースにしたもの。

金ボタンがイマドキ感をプラスしていますね。

ジレも実際ミリタリーで使用されていたキルティングをジレ型にしたものです。

本人曰く「ジャケットやジレ、スラックスなどテーラード感を残した大人のミリタリースタイル」とのこと。



ラギッドなトップスにはヘビーなコットン素材のパンツがよく合いますね。

1プリーツ入りのスラックスタイプでクリースをしっかり残して穿けば、高田の言うとおりテーラード感が残ります。


そしてこの足元を見て、

今年の冬も素足履きを通すのかが今から気になってきました。



安武

華麗なる”TAKA”ビー vol.61

こんにちは、安武です。



この日も東京駅で撮影です。

台風が来る前、つかの間の青空で撮影しました。

Blouson:FORTELA(フォルテラ)

Shirts:RALPH LAUREN(ラルフ ローレン)

Pants:PT01(ピーティーゼロウーノ)

Shoes:BARKER BLACK(バーカーブラック)


肉厚のリアルヴィンテージ生地を使用したジャケットは、アレッサンドロ・スクアルツィ氏によるブランドFORTELAのもの。

個人的にも親交の深い高田。一昨年には彼の自宅まで招待されていました。


4ポケットのブルゾンは、18年春夏もトレンドです。

すでに18年春夏の展示会を回っている高田ならではのチョイス、次のシーズンも着倒すということでしょう。

インナーに着たウエスタンシャツは古着屋で購入したもの。

柔らかい生地の雰囲気が夏っぽくて良いですね。

襟のハネ具合いは計算か!?

パンツはPT01のエクスクルーシブモデル。

サスペンダーを付きはBEAMSのみの展開です。

あえて1サイズ大きめを選択し、リラックスしたシルエットで穿いています。ウエストが多少大きくても、サスペンダーで吊れちゃうのがこのパンツの良いところ。

サイズをアップしてもパンツの丈は変えない(くるぶし出し)のは高田の拘りですね。



安武

華麗なる”TAKA”ビー vol.56

こんにちは、安武です。



この日は東京駅をバックに撮影です。

なんだろう、この「東京は俺が背負っているんだぜ」感。

遠近法で東京駅よりも高い高田です。

Blouson:FORTELA(フォルテラ)

Jacket:TAGLIATORE(タリアトーレ)

Polo:JOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー)

Pants:Brilla per il gusto(ブリッラ ペル イル グスト)

Shoes:ALDEN(オールデン)



ボリュームのあるリネンのサファリジャケットを、テーラードジャケットの上に羽織っています。

風が強く、寒い日だったので、カシミアシルクのストールで寒さ対策をしたそう。

がっしりとしたリネンに、男らしい大きなディテール。太めの袖や身幅。

こなし次第では古臭く見えるのですが、ホワイトパンツやボタンの留め方などで今っぽく見せています。


「ちょっとブルゾン脱いでもらって良いですか〜」


笑顔です。


腰まわりのディテールが特徴的なホワイトのグルカパンツ。

通常のグルカパンツは裾まで太いのですが、このグルカはシルエットがいまどき。

適度な太さでドレスでもカジュアルでも合わせられます。


シンプルな色の組み合わせですが、レトロポロの襟出しやタックイン、グルカパンツの腰回りディテールだけで、こなれて見えますね!



安武

17年春夏プレス内覧会コーディネート vol.6

こんにちは、安武です。



vol.6です。

カジュアルなブルゾンスタイルですが、その着こなしが変わります。


Blouson:FORTELA(フォルテラ)

Gilet:FORTELA(フォルテラ)

Shirts:BOLZONELLA(ボルゾネッラ)

Tie:BEAMS F(ビームスF)

Pants:BERNARD ZINS(ベルナール ザンス)

Shoes:ALLEN EDMONDS(アレン エドモンズ)



サファリやミリタリージャケットといった”ユーティリティジャケット”がトレンドとして台頭します。

リアルなテイストのものから都会的にアップデートされたものまで、今シーズンは幅広いデザインの中からお選び頂けますよ。


スタイリングもタイドアップして上品に着こなす提案をしています。


ジレとタイで上品に。


そしてパンツは、サイドアジャスターの2インプリーツタイプ。

先日も書きましたが、”サルトリアミックス”のスタイルです。

5ポケットのカジュアルパンツを、このようなサルトリアテイストのパンツにするだけで非常に今年らしくなります。


シューズはアメリカンテイストのものを。


ビーフロールが新鮮でしょ?



安武