2018.04.16
イベント商品お知らせ

「濱⽥窯・在る⽇の益⼦」- 濱⽥庄司登り窯復活プロジェクトの器たち -

BEAMSは2018年4⽉27⽇(⾦)より、「ビームス ジャパン」(東京・新宿)において⼈間国宝の陶芸家・濱⽥庄司が栃⽊県の益⼦町に開窯した濱⽥窯でつくられた作品や益⼦で活動する作り⼿たちの作品を集めたイベント「濱⽥窯・在る⽇の益⼦ –濱⽥庄司登り窯復活プロジェクトの器たち-」を開催します。

2016年にオープンし今年4⽉末で2周年を迎える「ビームス ジャパン」。5階の「fennica STUDIO(フェニカ スタジオ)」ではこれを記念して、イベント「濱⽥窯・在る⽇の益⼦」を開催します。「濱⽥庄司登り窯復活プロジェクト」に参加した作り⼿の品々や、濱⽥庄司、濱⽥晋作、濱⽥友緒の作品に加えて、濱⽥窯で眠っていたヴィンテージアイテム、さらに<fennica(フェニカ)>がスペシャルオーダーした陶器を販売します。また、益⼦で活動する⽊漆⼯芸家の松崎修、⼤誠窯の⼤塚誠⼀といった作り⼿の作品も取り扱います。益⼦の魅⼒が勢ぞろいする本イベントにご期待ください。

「濱⽥庄司登り窯復活プロジェクト」とは

益⼦にある濱⽥庄司が使⽤していた登り窯は同⽒没後も保存されていましたが、2011年の東⽇本⼤震災で倒壊し使⽤できない状況にありました。この登り窯を修復し、実際に窯焚きを⾏うべく2015年にスタートしたのが「濱⽥庄司登り窯復活プロジェクト」です。2017年11⽉に修復後2度⽬の⽕⼊れが⾏われ、益⼦焼と、そのルーツである笠間焼の陶芸家たちが集って⽂化交流が⾏われました。この2度⽬の窯出しの中から<fennica>のディレクターであるテリー・エリスと北村恵⼦がセレクトした12名の器が「ビームス ジャパン」に到着します。

開催期間
2018年4⽉27⽇(⾦)〜5⽉6⽇(⽇)
開催店舗
ビームス ジャパン 5F fennica STUDIO