RBS AUTUMN & WINTER 2017 2nd DELIVERY

<RBS>2017年秋冬シーズンのセカンドデリバリーが到着。
雑誌や広告など多方面において活躍する女性3名のスタイリングを特集!普段の仕事に合わせたコーディネートと、洋服選びのポイントをご紹介します。ワードローブのアイテムと一緒に<RBS>の新作を楽しみましょう!

相手に合わせたコーディネート

レディース、メンズ問わず幅広い媒体で、ヘアメイクを担当する村上綾さん。シンプルな洋服が好きな彼女が、仕事着に選ぶアイテムについて教えてくれました。

手元のデザインに注目

仕事をするときは、雑誌等クライアントのイメージに合わせた洋服を選ぶことが多いです。仕事柄、袖周りの動きやすさは重要なポイント。このブラウスはギャザーのボリュームが可愛いですが、袖口はすっきりしているので、メイクしやすいです!

村上綾
2008年よりOSSAMUさんに師事し、2010年に独立。雑誌や広告、女優やアーティストを中心に活躍するヘアメイクアップアーティスト。
https://www.instagram.com/_ayamurakami/

あえて“花屋らしくない”スタイリングを

お花や植物を組み合わせて彩るフラワーデザイナーの宇田陽子さん。唯一無二の世界観をもつ彼女が、普段のファッションで気にかけていることとは。

仕草につながる服選び

クライアントに合わせて、あえて“花屋らしくないスタイリング”がモットー。仕草が丁寧になるので、汚れてもいい服はあえて着ないようにしています。モノトーンが多いですが、派手なときはとことん派手。シンプルなスタイリングには、バッグなど小物で色を加えることが多いです。

宇田陽子
表参道に店舗を構える「logi plants&flowers」のフラワーデザイナー。“ココロニノコルハナ”をコンセプトに、空間ディスプレイ、広告撮影、CMなどの装花を幅広く手がけている。
https://www.instagram.com/udayoko/

オンもオフも自分らしく

モデルやアーティストも顧客にもつネイリストの関根祥子さん。その場でネイルのパーツを作るなどアイディアが光ります。代官山に構える「mojo nail」で、スタイリングに対するこだわりを聞きました。

ネイルを含めたバランス重視

一番重要視しているのは全体の“バランス”。アクセサリーが好きなので、リングやピアスを、その日のコーディネートやネイルに合わせて楽しんでいます。オンもオフもカジュアルなスタイリングをすることが、一番私らしいです。

関根祥子
6年間ネイルサロンに勤務したのち、2013年に独立。その後「mojo nail」をオープン。サロンワークの他、女性誌を中心に作品を提供。ジャンルに捕らわれず「mojo nail」らしいテイストミックスなデザインを発信し続けています。
https://www.instagram.com/mojonail_shokosekine/

BEAMS STAFF STYLING

<RBS>の新作コーディネートを日々、更新しています。今年らしい着こなしをチェック!

お気に入り