小物を変化させるだけで、オフィスでも休日でも着られる上品さとカジュアル感の絶妙なバランスがビーミング by ビームスの魅力。とくにInRed世代の夏スタイルは、ラフではなくあくまでもナチュラル。洗えたり、シワになりにくかったり、着心地がよかったり……、機能性もそなえた、忙しい私たちの強い味方です。トレンドをほど良く感じさせつつ、肩の力を抜いた着こなしを。

撮影=今城 純 スタイリング=林 かよ
ヘア& メイク=小澤麻衣 モデル= 浅見れいな
取材・文=藤原 綾

小物を変化させるだけで、オフィスでも休日でも着られる上品さとカジュアル感の絶妙なバランスがビーミング by ビームスの魅力。とくにInRed世代の夏スタイルは、ラフではなくあくまでもナチュラル。洗えたり、シワになりにくかったり、着心地がよかったり……、機能性もそなえた、忙しい私たちの強い味方です。トレンドをほど良く感じさせつつ、肩の力を抜いた着こなしを。

撮影=今城 純 スタイリング=林 かよ
ヘア& メイク=小澤麻衣 モデル= 浅見れいな
取材・文=藤原 綾

01.細ピッチのストライプが爽やかな印象をもたらす、夏らしいセットアップ。リネン素材で着心地がよく、手洗いも可能。カーデを羽織れば秋口まで活躍します。旬なディテールと言えばベルトマーク。カーキのサッシュベルトひとつで、トレンドを感じさせながらシルエットに変化をもたらし、ホワイトコーデを引き締める効果も。ここでヒールを合わせるとエレガントにシフトしますが、InRed世代ならスニーカーで抜け感を作りたいところ。シチュエーションに合わせてシューズを履き替えれば、さまざまなシーンで楽しめます。

トップス¥7,500 スカート¥7,900 ベルト¥5,000 ピアス¥2,500 以上4点 <ビーミング by ビームス> バッグ ¥11,000 <ル ベルニ> スニーカー ¥14,000 <アディダス オリジナルス>
以下プライスは全て税別

01.細ピッチのストライプが爽やかな印象をもたらす、夏らしいセットアップ。リネン素材で着心地がよく、手洗いも可能。カーデを羽織れば秋口まで活躍します。旬なディテールと言えばベルトマーク。カーキのサッシュベルトひとつで、トレンドを感じさせながらシルエットに変化をもたらし、ホワイトコーデを引き締める効果も。ここでヒールを合わせるとエレガントにシフトしますが、InRed世代ならスニーカーで抜け感を作りたいところ。シチュエーションに合わせてシューズを履き替えれば、さまざまなシーンで楽しめます。

トップス¥7,500 スカート¥7,900 ベルト¥5,000 ピアス¥2,500 以上4点 <ビーミング by ビームス> バッグ ¥11,000 <ル ベルニ> スニーカー ¥14,000 <アディダス オリジナルス>
以下プライスは全て税別

02. “カジュアルすぎる”を理由にサロペットを敬遠していた人も、今季は注目せざるを得ない大人仕様のアイテムが続々登場。レイヤードしたような立体的なデザイン、程よい落ち感、美しいシルエットと体型カバー力……ラフになりすぎないサロペットは、大人にとってむしろ魅力しかありません! 合わせるバッグ&サンダルも、品を感じるシックなアイテムをセレクト。甘さのないカーキはさまざまな色と相性がいいので、小物でも用意しておくとベターです。カジュアル感はサロペットで出ているので、足元はヒールがお約束。

トップス¥6,900 サロペット¥12,000 サングラス¥3,700 バッグ¥6,800 以上4点<ビーミング by ビームス> サンダル¥15,000 <モリーニ>

02. “カジュアルすぎる”を理由にサロペットを敬遠していた人も、今季は注目せざるを得ない大人仕様のアイテムが続々登場。レイヤードしたような立体的なデザイン、程よい落ち感、美しいシルエットと体型カバー力……ラフになりすぎないサロペットは、大人にとってむしろ魅力しかありません! 合わせるバッグ&サンダルも、品を感じるシックなアイテムをセレクト。甘さのないカーキはさまざまな色と相性がいいので、小物でも用意しておくとベターです。カジュアル感はサロペットで出ているので、足元はヒールがお約束。

トップス¥6,900 サロペット¥12,000 サングラス¥3,700 バッグ¥6,800 以上4点<ビーミング by ビームス> サンダル¥15,000 <モリーニ>

03. 夏は色を差したり、ユニークなデザインを選んだり、コーデに遊び心を加えたくなる季節。レイヤードしたようなワンピースは、カットソー素材で着心地も満点。定番ではないのに、毎日でも着たくなるプレーンさも兼ねそなえます。ライトグレー×ホワイトの爽やかな一枚に合わせたいのは、コーデにメリハリを加える主張の強い小物たち。表裏で表情が変わるエスニック柄の2WAYバッグや、アクセがわりの赤いバンダナスカーフは、主役級の存在感です。麦わらのボーターハットとジュート素材のサンダルで、季節感もお忘れなく。

ワンピース¥7,900 ハット¥3,900 スカーフ¥3,000 サンダル¥8,500 以上4点<ビーミング by ビームス> バッグ¥7,500 <リラ キャンベル>

03. 夏は色を差したり、ユニークなデザインを選んだり、コーデに遊び心を加えたくなる季節。レイヤードしたようなワンピースは、カットソー素材で着心地も満点。定番ではないのに、毎日でも着たくなるプレーンさも兼ねそなえます。ライトグレー×ホワイトの爽やかな一枚に合わせたいのは、コーデにメリハリを加える主張の強い小物たち。表裏で表情が変わるエスニック柄の2WAYバッグや、アクセがわりの赤いバンダナスカーフは、主役級の存在感です。麦わらのボーターハットとジュート素材のサンダルで、季節感もお忘れなく。

ワンピース¥7,900 ハット¥3,900 スカーフ¥3,000 サンダル¥8,500 以上4点<ビーミング by ビームス> バッグ¥7,500 <リラ キャンベル>

04. 前から見るとシンプルなノースリーブトップスは、後ろから見ると背中がちらり。今季は背中コンシャスなアイテムが豊富にそろいます。ハリのある素材×グレーのシックなトップスも、少し肌が見えるだけでぐっと女らしく。中にヴィヴィッドカラーのアイテムを入れてバックスタイルで見せるなど、レイヤードの楽しみも広がります。オリエンタル柄のイージーパンツを合わせると、背中の肌見せとも相まって、大人の色気を感じるエフォートレスな印象に。スエードの巾着バッグが、全体のカラーバランスをまとめてくれます。

トップス¥7,900 パンツ¥8,900 バッグ¥5,800 以上3点<ビーミング by ビームス>

04. 前から見るとシンプルなノースリーブトップスは、後ろから見ると背中がちらり。今季は背中コンシャスなアイテムが豊富にそろいます。ハリのある素材×グレーのシックなトップスも、少し肌が見えるだけでぐっと女らしく。中にヴィヴィッドカラーのアイテムを入れてバックスタイルで見せるなど、レイヤードの楽しみも広がります。オリエンタル柄のイージーパンツを合わせると、背中の肌見せとも相まって、大人の色気を感じるエフォートレスな印象に。スエードの巾着バッグが、全体のカラーバランスをまとめてくれます。

トップス¥7,900 パンツ¥8,900 バッグ¥5,800 以上3点<ビーミング by ビームス>

05. 涼しげな印象が夏にぴったりのブラウスとデニムのコーディネート。肩のギャザーからふわっとしたAラインを描いて広がるブラウスは、ストライプ、ボーダー、レジメンタルの組み合わせが立体感を強調します。ボトムはタイトでもルーズでも合わせやすいのがポイントです。今回合わせたボトムは、Leeの別注デニム。ワイドシルエットのキュロットパンツで、コーデ全体にゆるっとした程よいリラックス感をもたらしてくれます。トップスの存在感を引き立てる、レザーブレスやカラフルなピアスをさりげなく飾ったら完成!

トップス¥7,500 ピアス¥2,800 ブレスレット¥4,500 以上3点<ビーミング by ビームス> パンツ¥14,000 <リー×ビーミング by ビームス> バッグ¥13,000 <マルコ ビアンキーニ>

05. 涼しげな印象が夏にぴったりのブラウスとデニムのコーディネート。肩のギャザーからふわっとしたAラインを描いて広がるブラウスは、ストライプ、ボーダー、レジメンタルの組み合わせが立体感を強調します。ボトムはタイトでもルーズでも合わせやすいのがポイントです。今回合わせたボトムは、Leeの別注デニム。ワイドシルエットのキュロットパンツで、コーデ全体にゆるっとした程よいリラックス感をもたらしてくれます。トップスの存在感を引き立てる、レザーブレスやカラフルなピアスをさりげなく飾ったら完成!

トップス¥7,500 ピアス¥2,800 ブレスレット¥4,500 以上3点<ビーミング by ビームス> パンツ¥14,000 <リー×ビーミング by ビームス> バッグ¥13,000 <マルコ ビアンキーニ>

06. ウエストマークできるリボンベルトつきのトップス×程よいとろみ感のあるワイドパンツのセットアップ。テラコッタカラーは、真っ白なTシャツにもダメージデニムにも似合う幅の広さがあるので、それぞれ単品で使ってもバラエティに富んだ着こなしが可能です。ベルトを外したり、トップスのIN・OUTだったり、シルエットの調整でまた違う表情も楽しめそう。スカーフを巻いたバッグとエスニックなサンダルは、どちらもブラックをセレクト。フラットになりがちなセットアップコーデにメリハリを与えます。

06. ウエストマークできるリボンベルトつきのトップス×程よいとろみ感のあるワイドパンツのセットアップ。テラコッタカラーは、真っ白なTシャツにもダメージデニムにも似合う幅の広さがあるので、それぞれ単品で使ってもバラエティに富んだ着こなしが可能です。ベルトを外したり、トップスのIN・OUTだったり、シルエットの調整でまた違う表情も楽しめそう。スカーフを巻いたバッグとエスニックなサンダルは、どちらもブラックをセレクト。フラットになりがちなセットアップコーデにメリハリを与えます。



お気に入り