BEAMS JAPAN
新吉原×桶栄 / 腰掛
¥32,400(税込)
900ポイント付与
その他1
item thumbnail
お気に入り 取り扱いショップ
アイテム説明
東京深川製の木工芸 "桶栄"
ヒノキ科の木材である、椹(さわら)素材を使用し、明治20年より続く東京・深川の桶屋である<桶栄>が製作した<新吉原>の焼印が印されたバススツール。“粋”を感じるシンプルなデザインが秀逸で、職人の技が光ります。
※使うたびに水・ぬるま湯で流してからお使いください。汚れやしずくの跡がつきにくくなります。

<桶栄>
明治20年より続く東京・深川の<桶栄>。全国から良質な木材の集まる場所として知られ、現在でも数多くの木材問屋が軒を連ねています。<桶栄>の初代川俣新右衛門がこの地に店を構えた当時、深川の料亭で使われる器の中でも、新右衛門の作ったものだけは、形の美しさや丈夫さが際立っていたといい、多くの店の信頼を得ました。それから120余年、<桶栄>だからこそ手に入る貴重な木材を使い、当時と変わらない伝統技法は今に引き継がれ、新しい木工芸が今日も生み出されています。

<新吉原>
吉原は江戸時代に江戸郊外に作られた、幕府公認の“遊郭”およびその地名。 もとは江戸日本橋(現在の日本橋人形町)にあったが、明暦の大火後、浅草寺裏の日本堤に移転。 前者を“元吉原”、後者を“新吉原”と呼んだ。 そんな艶っぽい歴史のある町、“新吉原”で生まれたブランド<新吉原>。 岡野 弥生氏によりブランドを立ち上げ。 商品構成は基本的に“お風呂”に関する土産物。 艶っぽい土産物や洒落の効いた工芸品を江戸の老舗メーカーが真面目に作っているところも まさに『粋』である。
伝統、スタンダード、サブカルチャーまで誇れる日本。技術とデザイン力のあるプロダクト、アートや音楽などの文化、日本食や名産の数々、日本人の感性が活きたファッション。そんなモノ、コト、ヒトが一所に。そんな場所があったら日本が楽しくなる、もっと、きっと世界がつながるはず。カルチャーショップとして歩みを進めてきたビームスが日本をみつめ、人の力を束ね、その価値にさらに光をあてる拠点を創りました。
店舗へのお問い合わせの際は下記品番をお伝え下さい。
商品番号:56-73-0002-268
アイテム詳細
性別 MEN
カテゴリ インテリアバス・トイレグッズ
サイズ ONE SIZE
素材 わらさ
原産国 日本製
商品番号 56-73-0002-268