TOKYO CULTUART by BEAMS
荒木経惟 / センチメンタルな旅 1971-2017-
¥3,132(税込)
87ポイント付与
BOOK
item thumbnail
アイテム説明
アラーキーのセンチメンタル的な
写真家・荒木経惟の膨大な作品群から、妻「陽子」というテーマに焦点をあて、陽子を被写体とする作品、その存在を色濃く感じさせる多様な作品によって構成される、同名写真展の公式展覧会カタログです。荒木自らが「陽子によって写真家になった」と語るように、1968年の出会いから1990年のその死に至るまでの妻・陽子との濃密な時間から生み出された作品群は、写真の核心を貫き、見る者の心を揺さぶらずにはおきません。結婚前の貴重な未発表ポジ作品や本展のための新作をはじめ、私家版として発売された幻の写真集『センチメンタルな旅』全108点を収録。
もっとも重要な被写体である陽子を通じて、荒木が重要視する被写体との関係性を探り、また彼の写真の神髄である「私写真」について考察します。
タイトルの「センチメンタルな旅」は、1971年出版の写真集のタイトルでもあり、また2017年現在からさらに続く写真人生そのものを表しています。
荒木にゆかりの豪華執筆陣によるエッセイも必読、すでに500冊以上になる荒木の写真集において、決定版となる一冊です。

収録作品:〈センチメンタルな旅〉〈東京は、秋〉〈食事〉〈センチメンタルな旅、冬の旅〉〈空景/近景〉〈三千空〉他、結婚前の陽子を撮影した60年代の未発表ポジ、陽子をテーマとする作品、愛猫チロのポラロイド、2017年撮影の日記シリーズ
執筆:吉増剛造(詩人)、ユルゲン・テラー(写真家)、石内都(写真家)、古屋誠一(写真家)、森山大道(写真家)、伊藤俊治(美術史家)、フィリッポ・マッジア(モデナ写真財団)、笠原美智子(東京都写真美術館)、北澤ひろみ(キュレーター)他

■荒木経惟(あらき のぶよし)
1940年東京都生まれ。千葉大学工学部写真印刷工学科卒業後、電通に入社し写真部に所属する。1964 年「さっちん」で第 1 回太陽賞を受賞。1971年、妻陽子との新婚旅行を写した『センチメンタルな旅』を限定1000部で自費出版。以降、妖艶な花々、緊縛ヌード、空景、食事、東京の街、愛猫、様々な被写体から強烈なエロスとタナトスが漂う独特の写真世界を確立し、日本を代表する写真家として内外で高い評価を受けている。

テキスト:日英
ISBN978-4-908062-18-6 C0072
東京から生み出されるアート、デザイン、カルチャーなど、混沌とした東京らしさを通じて現代の日本文化を世界に発信しています。
店舗へのお問い合わせの際は下記品番をお伝え下さい。
商品番号:58-81-0682-835
アイテム詳細
性別 MEN
カテゴリ 音楽・本
サイズ ONE SIZE
素材
原産国 日本製
商品番号 58-81-0682-835
返品可否 不可
アイテムサイズ
ONE SIZE 大きさ 26 x 18.2/厚み 2.6
取り扱いショップ・試着 閉じる
58-81-0682-835
TOKYO CULTUART by BEAMS
荒木経惟 / センチメンタルな旅 1971-2017-
¥3,132/商品番号 58-81-0682-835
取り扱いショップ一覧
在庫表示についての注意

※ 売り切れやお取り置きの可能性がありますので、ご利用店舗までお問い合わせください。一部の店舗や商品をのぞきますが、表示のない店舗へも他店よりお取り寄せすることができます。店舗一覧は こちら

※ ビーミング ライフストア by ビームス店舗は、B:MING by BEAMS商品のみのお取り扱いです。B:MING by BEAMS商品はビーミング ライフストア by ビームス店舗でのみお取り寄せすることができます。

※ 価格表記はオンラインショップでの現時点の価格となります。店舗によりサイト表記価格と価格差が生じる場合がございます。詳細はご利用店舗までお問い合わせください。