TOKYO CULTUART by BEAMS
IN THE CITY vol.13 / Mystery Girl
¥1,080(税込)
30ポイント付与
BOOK
item thumbnail
お気に入り 取り扱いショップ
アイテム説明
「TOKYO CULTUART by BEAMS」が発行する新感覚の文芸カルチャー誌『In The City(インザシティー)』第13号。

こんどのテーマは「Mystery Girl(彼女はミステリ)」と題しまして、ミステリ小説とその周辺のカルチャーを特集します。

巻頭特集:「日本ハードボイルド小説界の父」、小鷹信光(こだか・のぶみつ)さんを大フィーチャー!
翻訳家にしてアメリカ・ハードボイルド小説研究の第一人者、そして、あの伝説のTVドラマ『探偵物語』の原作者でもある小鷹さん秘蔵の、ヴィンテージ・ペイパーバック」のカヴァーアート・ギャラリーをお送りします。地球上に「これだけ集めて、整理した人はいない」とまで言われる、50s~60sの超レア・ペイパーバック一万冊の中から、「美女がいる表紙」のミステリ逸品を厳選。アート・ファン、デザイン・ファンも見逃せない特集です。それらペイパーバックについてはもちろん、「ハードボイルドとは何か」、さらには、松田優作さんの思い出まで、小鷹さんがたっぷり語ったインタヴューも収録します。これを読まねば日本のハードボイルドの夜明けは来ない?!

短篇三作:インザシティが初めて「都会派ミステリ小説」を特集します。
小鷹信光 新・探偵物語「キーウェストで拾った女」
片岡義男「きみはミステリーだよ」
川*大助「ノース・ビーチじゃ聞かない名だな」

ロングエッセイ:
仲俣暁生「ディテクティブ・ストーリーが小説を『蘇生』させる?」
大原ケイ「女心が闇を紡ぐ都会のミステリー」

好評連載:
高木完「ロックとロールのあいだには、、、」
片岡義男「ドーナツを聴く」
鈴木哲也「最後のモード」
青野賢一「転がるエロス」
中原昌也「それでも何となく映画は観てる」
川*大助「スタイルなのかカウンシル」

定価:本体1,000円(税抜)
発行:株式会社ビームス
発売:サンクチュアリ出版
ISBN978-4-86113-889-8

短篇小説、エッセイ、詩など、「文字による芸術」と、それに呼応した写真やイラストレーションなどを掲載。キーワードは“書を街に連れ出そう!”。目の前の風景をほんのすこしだけ変化させることがあるように、そんな気分になれるような「あたらしい文芸」 ― 『In The City』は、この東京の路上から生まれる、そんな文芸のかたちを探るアンテナになりたいと考えています。
店舗へのお問い合わせの際は下記品番をお伝え下さい。
商品番号:58-80-0005-743
アイテム詳細
性別 MEN
カテゴリ 音楽・本
サイズ ONE SIZE
素材 紙100%
原産国 日本製
商品番号 58-80-0005-743
アイテムサイズ
ONE SIZE 大きさ 18×11