TOKYO CULTUART by BEAMS
IN THE CITY vol.14 / Coffee Table Literature
¥1,080(税込)
30ポイント付与
BOOK
item thumbnail
お気に入り 取り扱いショップ
アイテム説明
珈琲と相性のいい文学をご紹介!
「TOKYO CULTUART by BEAMS」が発行する新感覚の文芸カルチャー誌『In The City(インザシティー)』第14号。

お陰さまで創刊五周年! 感謝の気持ちを込めました充実のイシューです。巷ではサードウェーブ・コーヒーが人気ですが、昔も今も、洋の東西を問わず、一杯のコーヒーと切っても切れないものこそが「読書」。インザシティでは、コーヒーと相性のいい文学をここでご紹介します。大判で重い画集など豪華本を、英語で「Coffee Table Book」と言いますが、こちらは「コーヒーテーブル文学」。いろんな角度からコーヒー(と文学の関係)に迫ります!もちろん表紙は大人気のエイドリアン・トミネ描き下ろし!

巻頭特集:
巻頭では、ロンドンのコーヒーハウスが誰よりも似合う、まさにシティーガール、アーティストにしてシンガーのSHOKOさんを大フィーチャー!ロンドン/パリと東京を行ったり来たり、こだわりのアート・ライフについて、最新の著作『SHOKOのロンドンファッション・スタイルブック』について、傑作メジャー・デビュー・アルバム『A Love Letter to London』について……二部構成でじっくり聞きました。アルバムのプロデューサーであり、SHOKOさんのパートナーでもあるカジヒデキもちょこっと登場! いまに息づく90sカルチャーの輝き、トラットリア・アーティストの隠れ家的カフェの秘話なんかも……盛りだくさんです!

短篇:これが「コーヒーテーブル文学」だ!
最果タヒ「コーヒーテーブルに詩のような、ぼくの指紋が残っていく。」
片岡義男「京都慕情とはなにか」
川*大助「どこにいると思う?」

ロングエッセイ:
内沼晋太郎「コーヒーのことば」
仲俣暁生「カフェからはもう、文学は生まれない?」
大原ケイ「正調コーヒーテーブル小説・アメリカ編」

好評連載:
高木完「ロックとロールのあいだには、、、」
片岡義男「ドーナツを聴く」
小西康陽「レナード・コーエンの偽日記から。」
青野賢一「転がるエロス」
川*大助「スタイルなのかカウンシル」

定価:本体1,000円(税抜)
発行:株式会社ビームス
発売:サンクチュアリ出版
ISBN978-4-86113-891-1
短篇小説、エッセイ、詩など、「文字による芸術」と、それに呼応した写真やイラストレーションなどを掲載。キーワードは“書を街に連れ出そう!”。目の前の風景をほんのすこしだけ変化させることがあるように、そんな気分になれるような「あたらしい文芸」 ― 『In The City』は、この東京の路上から生まれる、そんな文芸のかたちを探るアンテナになりたいと考えています。
店舗へのお問い合わせの際は下記品番をお伝え下さい。
商品番号:58-80-0006-743
アイテム詳細
性別 MEN
カテゴリ 音楽・本
サイズ ONE SIZE
素材 紙100%
原産国 日本製
商品番号 58-80-0006-743
アイテムサイズ
ONE SIZE 大きさ 18.0×10.9/厚み 1.9