TOKYO CULTUART by BEAMS
IN THE CITY Vol.8 / Bon Apetit!
¥1,080(税込)
30ポイント付与
IN THE CITY
item thumbnail
お気に入り 取り扱いショップ
アイテム説明
「TOKYO CULTUART by BEAMS」が発行する新感覚の文芸カルチャー誌『In The City(インザシティー)』第8号。

こんどのテーマは「食と文学」です!

巻頭特集:田名網敬一 インタヴュー
田名網先生自選のアートも大量掲載します!

短篇小説:「ボナペティ!」食べ物小説特集
今回は、食べ物にインスパイアされた小説、食べ物がキーとなっている小説を集めました。グルメなのか、日常食なのか、あるいは(あらゆる意味で)非日常の食事なのか……作家がシェフとなって腕によりをかけた全四篇、さあ、召し上がれ!

片岡義男「銭湯ビール冷奴」
黒田晶「ダーティ、ダーティ、ダーティ」人呼んで和製ミランダ・ジュライ。オルタナティヴな地平を軽やかに駆け抜けていく新作届きました。

木村綾子「サネカズラ」太宰治研究でも知られる俊英、本誌初登場。虚と実のあわいに咲く花にも似た掌編をどうぞ。

川*大助「泣きたいほどの淋しさと餃子だ」東京25時、アメリカ人のちょっと駄目な彼と、ハードボイルドすぎる日本人女性の彼女。すれ違い、行き違うふたりをまとめる餃子の縁。

フィーチャー・エッセイ:食と文学についてのエッセイ2選

大原ケイ「アップルパイとサイダーとエッグクリーム」
ビート文学からジョン・アーヴィング、そして常盤新平まで。ニューヨークに満ち満ちている「米文学と食べ物」のちょっといい話。

仲俣暁生「限りなく透明に近いミソ・スープの国から」 
こんどは日本文学だ! 漱石・鴎外から内田百*、そして村上春樹のスパゲッティまで……料理と食が文学と文人に与えた影響を考察します。文明開化は食事から!


好評連載1
高木完「ロックとロールのあいだには、、、」
日本ヒップホップ・シーン、カルチャー・シーンの風雲児・高木完が熱筆。「輸入文化としてのロックンロール」をストリート目線でひもとく、ロング・エッセイ、好評につき大増ページ! 今回は「パンク・ロック日本上陸」のころのお話。

好評連載2
片岡義男「ドーナツを聴く」
7インチ・レコードの魅力について写真と言葉で語り尽くす好評連載、第2回の今回は「片岡義男のバンドマン時代」のエピソードが登場!

連載エッセイ陣も絶好調!
小西康陽「レナード・コーエンの偽日記。」
鈴木哲也「最後のモード」
青野賢一「転がるエロス」   
川*大助「スタイルなのかカウンシル」

定価:本体1,000円(税込1,050円)
洋書ペーパーバック・サイズ(H180mm X W110mm)
発行:株式会社ビームス
発売:サンクチュアリ出版
短篇小説、エッセイ、詩など、「文字による芸術」と、それに呼応した写真やイラストレーションなどを掲載。キーワードは“書を街に連れ出そう!”。目の前の風景をほんのすこしだけ変化させることがあるように、そんな気分になれるような「あたらしい文芸」 ― 『In The City』は、この東京の路上から生まれる、そんな文芸のかたちを探るアンテナになりたいと考えています。
店舗へのお問い合わせの際は下記品番をお伝え下さい。
商品番号:58-82-0025-743
アイテム詳細
性別 MEN
カテゴリ 音楽・本
サイズ ONE SIZE
素材
原産国 日本製
商品番号 58-82-0025-743
アイテムサイズ
ONE SIZE 大きさ 18×11/厚み 2.5