写真と映像のアートフェア「ART PHOTO TOKYO -edition zero-」に<B GALLERY>が参加します。

2016.11.14

今回、日本初となる写真と映像のアートフェア、「ART PHOTO TOKYO -edition zero-」にBEAMSがサポートをします。

世界トップクラスのギャラリーやアーティスト、世界を舞台に活躍するファッション・コマーシャルフォトグラファー、写真・映像作家など約60名が集結する、東京から世界に発信する写真と映像のアートフェア「ART PHOTO TOKYO -edition zero-」。

様々なカルチャーやアートをファッションというフィルターを通して紹介するBEAMSのプロジェクト「BEAMS ARTS」より、最も現代アートとの距離が近い活動をしている<B GALLERY>がこのフェアに参加し、5名の写真家(操上和美/日比遊一/福永一夫/赤木楠平/大和田良)の作品をご紹介します。 今回の作品は全て、人との関わりや何かを大切に想う気持ち、自然や四季を通して移ろう人の豊かな感情・感性といった “心”や“想像力”をテーマに選ばれた作品が展示され、今回のフェアのために特別に製作されたTシャツの販売も行います。

茅場町交差点に立つ1棟のオフィスビルを会場に、アートコレクターはもちろん、これまでアートとは接点のなかった方や子どもたちに向けたワークショップやトークイベントなども開催されます。

皆様をお誘い合わせの上ぜひご来場ください。

開催日時
11月18日(金)・19日(土)12:00〜20:00
11月20日(日)12:00〜17:00
※最終入場は閉場の30分前
会場
茅場町共同ビルディング
詳細
入場料:大人1,500円/学生500円/小学生以下無料
公式HP:artphototokyo.com 

操上和美(Kazumi Kurigami) 「SELF PORTRAIT」

1960年代から現在まで幅広い表現で活躍し続け、自ら絶景と語る、ポートレイトを様々な写真と重ねた新しい試みの作品です。

日比遊一(Yuichi Hibi) 「A WEEKEND WITH MR. FRANK」

ニューヨーク在住の写真家/映画監督の日比遊一の監督作品「A WEEKEND WITH MR. FRANK」(1997年撮影)を上映。邑元舎の編集者、故・元村和彦と二人で世界的に有名な写真家ロバート・フランクの住むカナダ・ノバスコシアを訪れ、時間を共有する物語を描いた映画です。
※日比遊一 監督「A WEEKEND WITH MR. FRANK」上映時間
12:30〜13:28 / 14:00〜14:58 / 15:30〜16:28 / 17:00〜17:58 / 18:30〜19:28
(会期中1日 / 5回上映)※最終日20日(日)は<15:30〜16:28>の回で終了
※鑑賞料:1回 / 500円
※入場制限:1回 20名様(着席) / 途中入場不可
※お問い合わせはB GALLERY(03-5368-7309)まで

福永一夫(Kazuo Fukunaga) 「behind the scenes of artist “M”」

美術家・森村泰昌の「なにものかへのレクイエム」シリーズを中心とした作品制作の舞台裏を福永一夫が撮影した貴重な作品をご紹介します。

赤木楠平(Nampei Akaki)「kenko」「SPACYRAG」「SPACYRAG(MASKED)」

少年時代から海外で生活し様々な文化を体験してきた赤木楠平は、写真、絵画、映像、 ライブパフォーマンスなど、従来の既成概念に留まることのないその自由な表現によって 制作した新作を初公開します。

大和田良(Ryo Ohwada)「Wine collection」「BONSAI」「TYPE」

大和田良は、特殊技術でボトルの栓を抜かずに中のワインの色を撮影した作品「Wine collection」や、盆栽を四季を通して撮影した作品「BONSAI」、活版印刷をするために使用する金型を被写体にし活字のフォルムの美しさを表現した「TYPE」の3作品をご紹介します。

関連商品 (左)Tシャツ 赤木楠平 「Abstract Photo」(右)Tシャツ 大和田良 「Chateau Gruaud Larose 1978.」 ●サイズ:S、M、L、XL ●価格:¥4,500(+税)

※「ART PHOTO TOKYO -edition zero-」会場で先行販売。後日、ビームス ジャパン(4F)、BEAMS公式オンラインショップにて販売いたします。

お気に入り