「ホホホ座 at BEAMS JAPAN」を開催

2017.01.26

「京あるき in 東京2017〜恋する京都ウィークス」に参加

2月4日(土)から開催されるイベント「京あるき in 東京2017〜恋する京都ウィークス」において、BEAMS JAPANで京都浄土寺にあるお土産物屋「ホホホ座」のポップアップショップをオープンします。

京都の魅力を守り、未来につないでいく取り組みとして、京都市が取り組み、「京都創生」を首都圏で広めようと始まった「京あるき in 東京」は、毎年2月から3月の間の約1ヶ月間、都内各所で様々な催しを行っています。ビームスは今年初参加し、BEAMS JAPANにて、“やけに本が多いお土産屋”として注目を集める「ホホホ座」がセレクトする京都関連書籍やファッションアイテム、東京での取り扱いがほとんどない雑貨や食品、画家・下條ユリがデザインしたメインロゴをアーティスト・風間直美が1点1点手刷りしたオーガニックのTシャツなどを販売します。40以上の京都に関わりのあるブランドや作家が参加する企画です。さらに、京都市のアンテナショップと「ホホホ座」のポップアップショップの商品を、お互いに販売し合う取り組みも行います。

また、このイベントの為にホホホ座が編集、制作したスペシャルな京都マップをBEAMS JAPANで無料配布するほか、期間中、対象商品をお買い上げの方に先着で、京野菜の旬が一目でわかる「京の旬野菜暦手ぬぐい」を差し上げます。

ホホホ座
銀閣寺や法然院、哲学の道からほど近い、静かな住宅街にあるホホホ座。
1階は新刊書、2階は古書、雑貨は作家ものが中心となり、陶器などの生活雑貨から文房具、衣類まで幅広く取り扱いしています。 http://hohohoza.com

40以上の京都に関わりのあるブランド、作家が参加

—下記、参加ブランドを一部紹介—
“ホホホ座”
編集企画グループを母体とするお土産屋。現在、全国6店舗展開中。編集した本「わたしがカフェをはじめた日。」を販売。

“じゃむんち”
陶芸家・宮内太志、木工作家・みやざき眞(じゃむんち)とホホホ座がコラボレイト。今回の展示に合わせて企画したオリジナルのうつわを数種類限定販売。

“miepump coffee”
ナイーブで深みのある焙煎で即完売する人気コーヒー豆を販売。

”makomo”
ゆるくて思わず顔がニヤけるテイストの絵本を販売。

“ふちがみとふなと”
ウッドベースとおもちゃ楽器と歌のみで展開されるユーモラスで感動する曲が詰まったCDを販売。

“保存食Lab”
京都産の無農薬野菜を使用した季節限定瓶詰めスパイスを販売。

“都松庵”
貴重な丹波大納言小豆を銅の鍋でゆっくり炊き上げた小豆そのものの味が引き立つ最高級のあんを販売。

”エチラオチラ”
摩周湖という高級綿が使用、毛羽立ちや毛玉ができにくく、シルクのようなツヤ感のある肌触りが特徴の靴下を販売。

“ガラムマサラ”
京都一乗寺の名物インド料理屋さん、カレー菓子を販売。

“藤原食品”
京ブランドに認定されている大粒の『京納豆』(赤大豆と青大豆)をはじめ、大豆の歯ごたえと旨みを存分に味わえる『鴨川納豆』など、こだわりの納豆を製造・販売。

“「Chise」 Craft, food & gallery”
陶器、アクセサリー、ジャム、日替わりでパンやお菓子を販売。


その他魅力的なブランド、作家が参加いたします。

書籍に関して
京都の魅力を新しい切り口で紹介した書籍をホホホ座セレクトで取りそろえています。新刊本から古書まで京都を再入門できるラインナップです。

参加アーティスト一覧
*アイウエオ順 敬称略
idola、梅田 啓介、大嶋 宏和、金柑画廊、ガラム・マサラ、 ON READING、スケラッコ、下平 晃道(murgraph)、太田 明日香、鈴木 美里(Pressky)、高亀 理子(ホホホ座尾道店コウガメ)、髙田 テルヨ(豆ずきん)、makomo、滝町 昌寛、多田 玲子、谷内 亮太(ちせ)、Subikiawa 食器店、(株)都松庵、西尾 勝彦、miepump、長谷川 健一、ハダ タカヒト、林 拓、キャッチ&リリース、藤原食品、ふちがみとふなと、ふじむら いづみ、mississippi、保存食 LAB、発酵ヴィーガンスイーツ 102、いぬんこ、木ト布ノ工房じゃむんち、工房カモ、吉田 省念、ヨホホ研究所、田中美穂植物店 など

京都マップ
知っているとちょっと京都が楽しくなる「京都あるある」を独自の視点で解説した『ホホホ座が考える京都エリア地図』に、ホホホ座が選んだ京都関係の書籍を紹介する『京都本につきましては』のコーナーを加えたフリーペーパー(タブロイドD判4P)を制作、配布。

表紙:「京都人の気付かない、京都の意外な風景」をコンセプトとして、嵐電(京福電鉄嵐山本線)山ノ内駅の写真(撮影:町田益宏)を全面に使用。かつて、路面電車が走る街であった京都。すでに全廃された印象がありますが、実はまだ一部残っている場所があり、その情景としての意外性を狙ったものとなります。

<ノベルティ>
京野菜の旬が一目でわかるデザインが特徴の「京の旬野菜暦手ぬぐい」を対象商品をお買い上げの方に先着でプレゼント。
(京都館提供)
※無くなり次第、終了となります。

【BEAMS JAPAN × 京都館「離れ(はなれ)」概要】

ホホホ座ポップアップショップの商品と京都市のアンテナショップ「京都館」の取り扱い商品を、相互に販売します。

会期:2017年2月4日(土)〜21日(火) 10:30〜19:00 ※最終日は17:00まで(2月9日(木)13:00〜13日(月)13:00は別イベント開催のため休止)
会場:京都館(東京都中央区八重洲2-1-1 ヤンマー東京ビル1F)

<レセプションパーティ>

「ホホホ座 at BEAMS JAPAN」の開催を記念して、2月3日(金)にレセプションパーティを開催します。入場は招待制となりますので、一般のご参加希望の方は以下の応募よりお申し込みください。抽選でご招待します。(※現在応募は締め切りました)

BEAMS “TEAM JAPAN” の総合アドバイザーであり、京都館の館長もつとめる小山薫堂氏、作詞家の松本隆氏、ホホホ座座長の山下賢二氏、TOKYO CULTUART by BEAMS ディレクターの永井秀二によるトークセッションをお楽しみいただけます。また、京都の舞妓さんが、このイベントに華を添えます。

日時:2017年2月3日(金)20:00 スタート(21:45最終受付)

応募人数:10組20名

20:20~ 【舞妓による舞】
    ■舞妓:千賀明(ちかさや)、千賀遥(ちかはる)
    ■演目:「京の四季」、「祇園小唄」
20:40~ 【京都市長ご挨拶】
20:45~21:45 【トークセッション】 松本隆氏(作詞家)、小山薫堂氏(放送作家・脚本家/京都館館長/BEAMS "TEAM JAPAN" 総合アドバイザー) 山下賢二氏(ホホホ座座長)、永井秀二(TOKYO CULTUART by BEAMS ディレクター)

*時間、内容は全て予定です。
*途中退出可能

<一般ご参加方法>
エントリー期間:2017年1月26日~2017年1月31日(火)23:59  当選発表はinfo@beams.co.jpより当選メールにてお知らせ

       <注意事項>
*複数のご応募をいただいた場合、重複して当選する事はございません。
*必ず参加されるご本人のお名前でご応募下さい。
*当選メールをさせていただくにあたり、迷惑メール設定をされている方はドメイン指定の解除をお願いします。info@beams.co.jp こちらのアドレスは送信用となっていますので、お問い合わせ等は致しかねます。また、ご来場時に当選メールを確認させていただきます。
*店頭および電話による当選結果のお問い合わせはお答え致しかねますので、予めご了承ください。
*本イベントに関するお問い合わせは BEAMS JAPAN 1F tel:03-5368-7314までお願いします。

開催期間
2017年2月4日(土)〜3月5日(日)

2017年2月3日(金)プレオープン、レセプションパーティ
開催店舗
ビームス ジャパン
お気に入り