<tategami>POP UP SHOP 2018-19 TOOL series Exhibition

2018.02.09

ビームス ジャパン4階 トーキョー カルチャート by ビームスでは、コアに働く日常を衣服でデザインし、見た目を超えた機能や素材を文化の象徴として追求する日本のワークウェアブランド<tategami>のPOP UP SHOPを開催します。

<tategami>のコレクションには、ビッグメゾンも手がける帽子職人、NOBUKI HIZUMEが作るキャップや京都祇園の老舗履物匠<ない藤>が作る足袋、人気イラストレーター、ピオレッティ・アレッサンドロが描き下したプリントTシャツなど様々な職人やアーティストとのコラボレーションアイテムが多数ラインナップしています。

是非この機会に<tategami>が表現するワークウェアの魅力に触れてみてください。

Tategami:

コアに働く個人と企業の日常を衣服でデザインし、見た目を超えた機能や素材を文化の象徴として追求する日本のワークウェアブランドです。
2014年、パリのマレにある小さなギャラリーで初めてプロダクツを発表。外敵から身を守りつつ、力強く、優美な佇まいも兼ねそろえている 自然界の機能美「TATEGAMI・タテガミ」がブランド名の由来になります。
www.tategami.tokyo

鷲頭マコト:

1975年 東京生れ、祖父が昭和天皇の靴職人に従事していた影響で 幼いころからファッションに興味を持つ。
2001年BEAMS勤務後、スタイリストのアシスタントを3年勤務。独立後、株式会社4D を設立。2011~12年渡仏。PV,舞台の衣裳 製作を機に、スタイリストとデザイナーの2本柱で国内、海外のプロジェクトに参加。 フランスの人間国宝ジャンポールゴルティエとのプロジェクト「TOYOTA」のワールドキャンペーン にスタイリストとして参加。2014年にパリのギャラリーで自身のブランド「tategami」を発表し、現在はエイベックス、世田谷区福祉作業所、長野上伊那農業高校などジャンルにとらわれない様々な企画やワークウエアーのデザインに関わる。また自社以外のワークウエアブランドのデザイナーも兼任中。
www.4dfws.com

期間
2018年2月16日(金)〜 2月25日(日)
場所
BEAMS JAPAN 4階
レセプションパーティー
2月16日(金)18:00〜20:00
※先着10名様にプレゼントをご用意しております。
お気に入り