• image

2017.08.07

開催中の日本手仕事展からご案内。 『瀬戸焼』 瀬戸市品野で江戸時代から続く窯元の小春花製陶(こしゅんかせいとう)。 代表する紋様のひとつに、柳宗悦(やなぎ むねよし)が称賛した「麦藁手」があります。うつわの胴や見込みに放射線状に麦の穂のようなラインを入れる装飾技法の一つで、線の一本一本を手書きで描かいています。 色目め手描きのラインもほんとに綺麗です。

» このスタッフの他のフォトログを見る

お気に入り