• image

2017.03.21

気に入った形のシューズは何足も買う派だ。<CHURCH’S>の“ライダー”は2足、<GEROGE CLEVERLEY>の“フルブローグ”は2足、<CONVERSE>の“オールスター”は5足、<PARABOOT>の“ミカエル”は3足、<GERMAN TRAINER>は3足…思い出すだけでもこれだけは持っているのだが、最近一番履いているのが<PARABOOT>の“シャンボード”。ブラック、ブラウン、白黒コンビ、グレージュといった色を持っている。 そして5足目として僕のシューズクローゼットにラインナップされるのが、このホワイトのシボ革タイプ。<PARABOOT>のドレスラインなのでソールが少しだけ薄く春夏でも履きやすいボリュームになっている。そしてスモーキーなレンガカラーのソールはホワイトバックスを連想させる。 足元に英国や米国の要素を入れるのが主流となっている昨今。これはフレンチ×アメリカンといったところだろうか。春夏の足元は軽い方が良いのだけど、ホワイトスニーカーだとくだけすぎてしまう。そんな時に一足あると便利だ。

» このスタッフの他のフォトログを見る

お気に入り
使用アイテム