• image

2017.10.06

1975年にブランドが設立されCOCKPIT USA。 実際にアメリカ軍にも卸しているミリタリーコントラクターで、現在も非常に数少ないアメリカ製によるフライトジャケットの生産をしています。 今回の別注モデルはフライトジャケットとしては当時、初めてレザーを使用したモデル。BODYにはシープスキンを使っています。 フロントのポケットを一回り大きくアップデートし手を入れやすい仕様。 ボタンも今回特別に<COCKPIT USA>が所有していた1930年代のミリタリーのデッドストックボタンを使用しており、なんとも男心をくすぐられる一着に仕上がっています。 お早めのご来店をオススメ致します。

» このスタッフの他のフォトログを見る

お気に入り