• image

2018.02.22

アラビック・リリック・ラッパーの先駆けとして知られるShams Dinn。活動拠点であったフランスのレーベルでアルバムの制作が進んでいたものの、フランス語への歌詞の差し替えの要望を拒否したことで、彼の作品は今までシングル1曲のみしか出回ってきませんでした。そんな彼の1985〜90年に作られた楽曲をコンパイルした本作。 エレクトロ・ファンク〜ブギー × エキゾなトラックが個人的にかなりツボです。 アラブ語で乗せられたラップも中毒性抜群で、80'sのNYエレクトロやディスコラップがお好きな方は思わずにやけてしまうような、ヒップホップという枠に留まらない魅力溢れる作品。 アラブ系移民権利運動に尽力し、アラブ語で歌うことでそのアイデンティティを保持しようとしたラッパーの貴重な音源集を是非!

» このスタッフの他のフォトログを見る

お気に入り
使用アイテム