• image

2017.03.22

“レトロリゾート”というキーワードは大人のカジュアルスタイルのトピックスだ。 トロピカルプリント、開襟シャツ、グルカサンダルなどがあらゆるブランドで見られるように。そのムードをあらゆる展示会で確認をしながら、どこかのブランドで採り入れようと思った時に見つけた<bagutta(バグッタ)>のスモーキーなトーンのトロピカルプリント。 頭の端には14年春夏<PRADA>が提案したダークなエキゾチック柄が思い浮かんだ。(実はこのシーズンの<PRADA>のヤシの木プリントのタイを持っている) シャツメーカーなので、この生地を使用した襟付きのタイプをオーダーすることも出来たが、あえて襟なしのプルオーバーにし、よりリラックス感を強調させた。 そして個人的にこのプルオーバータイプで提案したいのがクルーネックニットとの重ね着だ。プルオーバーだから裾には前立てがない。シャツラウンドの前立てのない裾を、ニットの裾から出して着るのが良いのではないか。Tシャツの裾を出すのとは一味異なる重ね着が楽しめる。ニットとシャツ生地のコントラストも首周りではなく裾周りだと新鮮だ。

» このスタッフの他のフォトログを見る

お気に入り