• image

2017.07.14

レミレリーフの小話。いつだってシンプルな究極普段着は憧れる。まさに画像にのせたレミレリーフのポケットTシャツこそがシンプルイズベストな究極の普段着だ。レミレリーフの後藤氏は1970年中期頃のサンタ・モニカとヴェニスの一部の地域に付けられた名称「DOGTOWN]が好きで「あらゆる漂流物が海に流れ出す場所」と称され、新しいカルチャーが次々と生まれた時代と場所に憧れがある素晴らしいセンスの持主。その独特の抜け感にいつもヤラレてしまっております。このTシャツの素晴らしい所は素材感。洗濯しても生地にハリが残るので、カッコよさを継続出来る。そんな素材の秘密は撚糸からオリジナルで開発。ベテランの職人の手作業による加工を施しているため、1点1点異なる表情をお楽しみいただけるオンリーワンのアイテムのポケットTシャツはまさに究極の日常着であるのは、間違いないので是非袖を通して楽しんでみて下さい。

» このスタッフの他のフォトログを見る

お気に入り
使用アイテム