• image

2017.06.10

弦楽アンサンブルを率いるNY出身のミニマル作曲家Arnold Dreyblattが86年に発表したアルバムが再発!自身が演じるダブルベース、卓上スティールギター、独自調性を施したプリペアドヴァイオリンなどの弦楽に、打楽器を加えた編成。ベルベットアンダーグラウンドあたりを彷彿とさせるリズムと緩やかな展開に、中東系のエキゾチズムが絶妙に混ざっており、聴く程にクセになりそうです。現代においても色褪せない名盤として、全てのリスナーにお薦め!

» このスタッフの他のフォトログを見る

お気に入り
使用アイテム