• image

2017.01.06

2017年の幕開けとともに発売された、アンビエントの祖、Brian Enoによる最新作が高音質UHQCDとLPで登場。 前作では社会的なメッセージを込めたテーマを掲げたのに対して、今作は、自分自身との内在的な会話を促すようにしたという、氏が永年に渡って追究し続ける、アンビエント実験作の最新版。およそ54分に渡って、シンセの音がゆっくりと聞き手の耳に浸透していきながら、時に音が足し引きされ、時に異なった音色が通過していきます。秒数を重ねるごとに、聴いているこちら側の感覚が研ぎ澄まされていくかのようでもあり、また音世界の美しさにゆっくりと身を任せたくなる、瞑想的作品です。今作のプレミアム・エディションとして、iOS、Apple TV対応アプリも同時発売。起動すると、長い時間をかけて、流れてくる音楽の音色や画面に映った絵が少しずつ変化していくもので、表現媒体は違えども同音源の世界に通じる、こちらも興味深い内容です。

» このスタッフの他のフォトログを見る

お気に入り
使用アイテム