名越啓介 写真展 『SMOKEY MOUNTAIN』

名越啓介 写真展 『SMOKEY MOUNTAIN』

Information

B GALLERYでは約5年ぶりとなる名越啓介の写真展。ロサンゼルスのスクワッター(不法占拠者)達の生き様を写した前回の写真展『Eyes of fellows』以降も、名越氏はアメリカをはじめアジア各国を旅しながらストリートギャング達を中心に写真を撮り続けています。
本展では、フィリピン・マニラ市北方のスモーキーマウンテンと呼ばれるスラム街で撮影した人々の生活風景を集めた写真集「SMOKEY MOUNTAIN」(\4,200-/赤々舎)の掲載作品を展示。AKAAKA Galleryで5月に開催した同タイトルの写真展では紹介しきれなかった作品も多数展示します。

「10年間、フィリピンにあるスモーキーマウンテン(スラム街)へ通い続け、そこに生きる家族の生と 死、そこから垣間見える"愛"を収めた」 ― 名越啓介

「名越啓介という一人の写真家がマニラ スモーキーマウンテンに一目惚れし10年掛かって口説き落とした私的なラブストーリーでもあると同時に深い闇のベールに覆われたフィリピン社会の光と闇を収めた貴重なルポルタージュでもある」 - 林文浩(Libertin DUNE / THE LAST GALLERY)

【名越啓介(なごしけいすけ)】

1977年生まれ。
奈良県出身。4年間のアシスタントを経て独立。その後様々な雑誌やCDジャケット、TV局の広告など、幅広い分野で活躍する傍ら、世界各国のストリートギャングを撮影している。作品集に「EXCUSE ME」(TOKIMEKIパブリッシング/2006年)、「CHICANO」(東京キララ社/2008年)がある。

名越啓介オフィシャルサイト

http://www.keisukenagoshi.com/index.html