天童木工 -デザインコンクールからDesign Classicsへ-

天童木工 -デザインコンクールからDesign Classicsへ-

Information

BEAMSが家具を取り扱い始めて13年。中でも<天童木工>とは長く密接な関係を築いてきました。柳宗理デザインとの出会いをきっかけに、バタフライスツールをはじめ、現在でも様々な家具を取り扱っています。また、これまでに数々のBEAMS別注品の企画・販売なども行ってきました。
本エキジビションでは、BEAMSで取り扱いのある<天童木工>の家具はもちろんのこと、普段見ることの出来ない貴重な家具や資料などを多数展示致します。またエキジビション期間中には、<天童木工>のデザイナーとして長い間活躍してきた菅沢光政氏のトークショウや、エキジビションを記念したBEAMS別注限定商品の販売を行います。
※エキジビション期間中、<天童木工>の商品を¥20,000(税別)以上お買い上げ頂いたお客様に、書籍「天童木工」を差し上げます。

皆様是非この機会にお誘い合わせの上ご来場ください。

菅沢光政氏によるトークショウ

  • 1回目:2008年8月16日(土)17:00~18:30
  • 2回目:2008年9月14日(日)14:00~15:30

※トークショウは定員制となります。詳細は<B GALLERY>までお問い合わせ下さい。

協力:株式会社天童木工  株式会社美術出版社

Profile

天童木工

ジャパニーズ・モダンを代表する名作家具の製作を数多く手掛け、日本を代表する世界的家具メーカー<天童木工>。
柳宗理や剣持勇、豊口克平、ブルーノ・マットソンなど多くの家具デザイナーと協働したこと、そして丹下健三、坂倉準三、前川國男など著名建築家の設計の元でのコントラクト家具の製作でも、 その名が知られています。
将棋駒の一大生産地として有名な山形県天童市に本社工場を構え、今でも多くの名作家具を世に送り出しています。
天童木工

菅澤光政

1940年東京生まれ。1963年千葉大学工業短期大学部卒業後、<天童木工>入社。1966年には、デンマーク国立技術研究所で研修を受ける。<天童木工>では開発部に所属し、建築家、デザイナーの仕事を技術面からサポートする一方で、自らデザインした「ヘロインシリーズ」などの家具を発表。1996年に国井喜太郎産業工芸賞を受賞。取締役開発部部長を経て、2005年<天童木工>退社。現在は東北芸術工科大学非常勤講師を務めている。