GRID-Synthesis KOHEI NAWA

GRID-Synthesis KOHEI NAWA

Information

「Cell」という概念をもとに、先鋭的な彫刻・空間表現を展開する
名和晃平。
東京都現代美術館で開催中の個展「Synthesis(シンセシス)」のサテライト展示をB GALLERYで行います。
名和晃平の作品は情報社会における感覚や思考のメタファーとしてビーズやプリズム、発砲ポリウレタン、シリコーンオイルなど流動的な素材・メディアを扱い、デジタルとアナログの間を揺れ動く身体と知覚、感性のリアリティを表現しています。

B GALLERYでは初となる名和晃平の展示は、彼の作品群より「GRID(グリッド)」の新作を展示します。
「GRID」シリーズとはユポ(ポリプロピレン製合成紙)にアクリル絵の具で描かれる立体作品で、作品との実際の距離感で、見る者にデジタルとアナログの異なる印象を与えます。
本シリーズは東京都現代美術館での個展では展示されず、B GALLERYのみとなります。この機会をお見逃しなく。

※名和氏の作品紹介ページはこちら

【名和晃平】彫刻家/京都造形芸術大学准教授

1975年大阪生まれ。
1998年、京都市立芸術大学彫刻専攻卒業後、英国王立芸術大学院(Royal College of Art)交換留学。
2003年、京都市立芸術大学大学院美術研究科博士(後期)課程彫刻専攻修了。
2005年、アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)日米芸術交流プログラムでニューヨークに滞在。
2006年、ダイムラー・クライスラー・ファウンデーション・イン・ジャパン芸術支援活動プログラム「アート・スコープ2005-2006」でベルリンに滞在。またSCAI THE BATHHOUSEで個展を開催。
2008年、BEAMSのプロジェクト< BEAMING ARTS >に参加し、クリスマスキャンペーンを飾る。
2009年、銀座のメゾンエルメスで個展「L_B_S」を開催。
2010年には釜山ビエンナーレや第14回アジアン・アート・ビエンナーレ・バングラディシュ2010に日本代表作家として参加し、バングラディシュでは最優秀賞を受賞。


HYPERLINK http://www.kohei-nawa.net/

東京都現代美術館
SCAI THE BATHHOUSE
赤々舎