山瀬公子エキジビション

山瀬公子エキジビション

Information

現在<BEAMS BOY>と<Vermeerist BEAMS>でも展開中のブランド<les Briqu'a braque(レブリカブラック)>や、そのプレタポルテライン<MATRIOCHKA(マトリョーシカ)>などを手掛ける山瀬公子。実験的なフォルムのリメークからなる彼女の洋服はワクワク感、ドキドキ感にあふれ、スタイリストやデザイナーをはじめ幅広い年代の女性たちから支持されています。

今回のエキジビションでは、2004年に出版された山瀬公子・著書「かわいいクチュールリメーク」の第2弾である「かっこいいクチュールリメーク」の出版を記念し、<les Briqu'a braque>の洋服はもちろん、様々な視点によって撮影されたブランドのイメージ写真や布などを多数展示。70年代にアニメーターとしてアメリカで活躍し、その後古着屋「Par Avion」を出店するなど、洋服デザイナー以外の分野でも幅広い活動を行ってきた山瀬公子の頭の中とは?その魅力に迫ります。

Profile

1976年渡米。Hanns&Babaraのアニメーターとして活躍。帰国後にレディース専門の古着屋「Par Avion」を青山('82)と神南('95)に出店。
1997年リメークを得意とするブランド「les Briqua braque INC」を立ち上げる。古いスカーフを使ったスカートやカシミヤニットのリメークアイテムが話題に。
2001年プレタポルテライン「MATRIOCHKA」を立ち上げる。
2004年 「かわいいクチュールリメーク(文化出版局)」を出版。
2009年 映画「インスタント沼」の主人公・ハナメ(麻生久美子)の衣装デザインを手掛ける。