松本旻 展覧会 「MAP」

松本旻 展覧会 「MAP」

Information

B GALLERYでは初となる美術家、松本旻の展覧会。
長年、平面や立体など様々な作品を制作してきた中でも近年用いている、印刷の網点を手描きした作品群を展示、販売します。

今回松本旻が選んだモチーフは、新聞や雑誌などに掲載され、自身の記憶やイメージから離れることのない世界中の事件や事故の写真。
それらの網点をトレースし制作した作品は、写真でも絵画でもなく、その両者の間を行き来する作品と言えるでしょう。
松本旻の渾身の作品群に、どうぞご期待ください。

松本旻(まつもとあきら)/美術家

1936 大阪生まれ
1963 安井賞候補新人展(東京国立近代美術館)
1964 日本版画協会展 山本鼎賞受賞
1967 シェル美術賞展佳作賞受賞(京都市美術館、他)
1970 今日の作家70年展(横浜市民ギャラリー)
1975 リュブリアナ国際版画ビエンナーレ展グランプリ受賞(スロベニア)
1975~76 文化庁在外研修員(米欧)
1978 写真と絵画(東京都美術館)
1979 ジャパン・アート・フェスティバル大賞受賞(国立国際美術館、他)
1980 アジア現代美術展(福岡市美術館)
1983 現代美術における写真(東京国立近代美術館、京都国立近代美術館)
1986 ザ・メッセージ〈日本現代絵画83人展〉(そごう美術館)
1989 広島・ヒロシマ・HIROSHIMA(広島市現代美術館)
1991 現代作家シリーズ3人展(神奈川県民ホールギャラリー)
1991 松本旻作品集《1960-1990》刊行(ギャラリー夏彦)
1992 ウロッラフ国際ドゥローイングトリエンナーレ展受賞(ポーランド)
1993 版画とことばと「樹景」刊行(町田市立国際版画美術館)
1994 矩形の森思考するグリッド(埼玉県立近代美術館)
1995 70年代と色彩〈3人展〉(町田市立国際版画美術館)
1995 戦後文化の軌跡《1945-1995》(目黒区立美術館、他)
1996 版画の1970年代(渋谷区立松濤美術館)
1997 日本ビジュアルポエジー展(ハンブルグ他ドイツ巡回)
1998 日本の木版画1200年展(町田市立国際版画美術館)
1999 詩を見る(日独ヴィジュアル・ポエトリィ展)(日本現代詩歌文学館)
1999 イメージのむこうがわ(東京都現代美術館)
2000 「アート最前線25年 作家とともに」(池田20世紀美術館) 2004 日本の木版画100年展(名古屋市美術館)
2005 現代版画の潮流展(町田市立国際版画美術館、他)

www.vocabow.com/art/matsumoto.html