福田ゆき 展覧会 「めざめ」

福田ゆき 展覧会 「めざめ」

Information

画家、福田ゆきのB GALLERY では6年ぶり2回目となる展覧会。福田ゆきはアメリカ・インディアンと日本の交流を目的に、L.A に在住しながらナバホ・インディアンの居住区を行き来し、80 年代より一貫してアメリカ・インディアンの文化を自身の絵画作品の発表や文化活動の中で日本に伝え続けています。

本展では「めざめ」をテーマに描いた新作の絵画作品を多数展示、販売します。会期中にはナバホ族のシャーマンも来日し、スピリチュアルカウンセリングを通し、アメリカ・インディアンのシンプルな精神世界を伝えます。本展にどうぞご期待下さい。

「今の私たちは物質世界から精神世界にめざめないと、人間は、いや地球が駄目になってしまいます。そのことはホピの予言も教えてくれています。そして、人間が生きる為に一番大切なものは、太陽・空気・水・大地。私たち人間はこれらに一番感謝しないといけないのです」 ― 福田ゆき

福田ゆき(ふくだゆき)/画家

1940年 東京生まれ
1960年 一線美術会員 川上幸吉氏に絵画を師事
1966年 国画会会員 辻もと似氏にローケツ染を師事
1973~76年 渡米。ロサンゼルスで高校卒業
1977年 アリゾナ州ナバホコミュニティカレッジ入学
1979年 ナバホコミュニティカレッジ卒業。アート部門で最優秀賞受賞
1980~86年 ナバホ・インディアンの居住区に住み、インディアンの研究と絵画制作に励む
1988年 アメリカ画壇で活動中のナバホ・インディアン、ハリソン・ビゲイ氏を日本に紹介。同氏の金策40点および織機、織物、土器、インディアンジュエリー等、100点に自作の油絵を加え展覧会 を開催
1989年 小学生を含むナバホ・インディアンと群馬県の文化交流のコーディネートを務め、その後も定期的に行っている
1992年 高島屋(二子玉川)で展覧会開催
1993年 ミス・ナバホを含むナバホ・インディアン一行18名をコーディネータとして京都、大阪、名古屋、 法政大学国際部に訪問
1994年 四谷(東京)にて個展開催
1995年 ナバホ・インディアンの日本訪問、群馬、東京、法政大学国際部に訪問。ナバホ・インディアンの小学生とロサンゼルスの小学生との交流をコーディネート。以後、毎年行っている。
1996年 四谷(東京)にて個展。ナバホ・インディアンの日本訪問、新潟、東京、法政大学子細部訪問。 1996年~98年 日本のピースグループをナバホに紹介
1999年 銀座協会東京福音会センター(東京)にて個展
2000年 ナバホ・インディアンが群馬、法政大学国際部訪問
2001年 銀座協会東京福音会センター(東京)にて個展
2002年 ナバホ・インディアンと北海道アイヌのひとたちの交流をコーディネート
2003年 日本のピースメンバーとナバホ・インディアン、チェロキー・インディアン、ホピ・インディアンの交流をコーディネート
2004年 ナバホ・インディアン、チェロキー・インディアン、アイヌのひとたちと世界インディシネスピープルの世界平和のセレモニーに参加、法政大学国際部訪問。銀座協会東京福音会センター(東京)にて個展
2006年 高島屋(新宿)にて個展。北海道アイヌのひとたちとナバホ・インディアン、チェロキー・インディアン、ホピ・インディアン、オセイジ・インディアンと交流
2007年 NHK 第一ラジオ 深夜放送 「アメリカ先住民 ナバホ族に学んだこと」出演。高島屋(新宿)B GALLERY(新宿)にて個展
2008年 日本人20名をナバホ・インディアンの居住区に案内
2009年 ナバホ・インディアン、ヤフカ・インディアン、ラミー・インディアン、チェロキー・インディアン、コマンチ・インディアン12 名に佐渡島と東京を案内
2010年 銀座協会東京福音会センター(東京)にて個展
2011年 泉の会(大阪・天王寺)にて、ナバホ・インディアンを語る
2012年 東京都立南多摩高等学校(東京)、美馬市立美馬中学校(徳島)でナバホ・インディアンを語る