渡辺一城 写真展 「豚」

渡辺一城 写真展 「豚」

Information

B GALLERY では初となる写真家、渡辺一城の写真展。1998 年より撮り続けている豚をモチーフにした写真作品群から厳選した作品を展示、販売します。

祖父母が経営する精肉店で、豚の解体を幼少期から日常的に見て育った渡辺一城。大学入学時に、キャンパス近隣の養豚場での光景に衝撃を受けて以来、何度も足を運び被写体としてカメラに収め続けています。撮影を通じ、豚の営みの中に人の営みを、更には自身やその家族の営みまでをも見出すことで、“運命”というテーマを導きました。渡辺一城の最新展にどうぞご期待ください。

『豚は生まれてくる理由も分からぬまま、生後6 ヶ月で肉にされる。私はなぜ人として生まれ、精肉店の孫として育ち、故郷から遠く離れた地で豚を撮影することになったのか。理由は分からないが、きっと豚と同じように決められた運命だったに違いない。』 ― 渡辺一城

協力:(有)臼井農産、(株)サンリョウ、(有)厚木市養豚センター、高崎食肉センター

渡辺一城(わたなべかずき)/写真家

1978年新潟生まれ。2002年東京工芸大学芸術学部写真学科卒。大学卒業後、フリーランスの写真家としてウェディングの撮影に7年間従事。現在はグループ展などを通し作品を発表する傍ら、広告、ファッション、アーティストポートレート等、コマーシャルの撮影をメインに活動中。受賞歴に第28回キャノン写真新世紀 佳作(2005)、東京工芸大学芸術学部賞(2002)、パブリックコレクションに清里フォトアートミュージアムなどがある。

www.shinogo45.com

【写真集発売のお知らせ】
タイトル:『人』
著者/発行:渡辺一城
価格:本体4,000円(税込4,200円)