叢 ‒ Qusamura 展

叢 ‒ Qusamura 展

Information

B GALLERYではでは初となる、植物屋「叢」の展覧会を開催します。“いい顔してる植物”をコンセプトに独自の美しさを提案する「叢」は、一般的に市場に出回っている色や形が綺麗な植物ではなく、突然変異や経年変化により、個性的な風合いや物語がうまれた植物を主に取り扱っています。

本展では、広島を拠点に活動している「叢」で取り扱いのある多種多様な植物を多数展示、販売します。また8月10日(土)には、「叢」の店主小田康平が店頭にてお客様をお迎えいたします。ぜひこの貴重な機会にご来場ください。

叢店主/小田康平(おだこうへい)

1976年広島生まれ。世界中を旅する暮らしをしていた20代の頃、旅先で訪れたパリでフラワーアーティストがセレクトショップの空間演出を手掛ける様子に感動。帰国後、生花と観葉植物による空間デザインに取り組むようになる。数年が経ち、画一的な花や植物での表現に限界を感じ始めていた頃、ある世界的アートコレクターと出会い、納品後に傷ついた植物を見て発した彼の一言「闘う植物は美しい」に衝撃を受ける。以来、植物選びの基準を整った美しさから“いい顔”しているかどうかに変える。独自の視点で植物を捉え、美しさを見出した一点物の植物を扱うことを決心し、2012年、植物屋「叢 Qusamura」をオープンした。

qusamura.com

『Qusamura Art T-shirts Project』販売のお知らせ
「いい顔してる植物がもつ、アートのような魅力を多くの人に伝えたい」、そんな「叢」の思いに応えてくれた11人のアーティストとのコラボレート限定T シャツを販売します。植物とアートの距離を縮めることで、人々の暮らしの中で植物が持つ価値を高めたい。そんな思いから生まれたプロジェクトです。www.ayeaye-fund.jp

【参加アーティスト *五十音順】
会田誠(現代美術家) / 青木淳(建築家) / 石内都(写真家) / 片山正通(インテリアデザイナー) / 鯉江良二(陶芸家) / 坂本龍一(音楽家) / 高松次郎(現代美術家) / Chim↑Pom(現代美術家) / 中島英樹(グラフィックデザイナー) / 森山大道(写真家) / ライアン・ガンダー(現代美術家)
※『Qusamura Art T-shirts Project』の売上の一部は、日本アイアイ・ファンドを通して、多肉植物の宝庫でありながら、近年、自然破壊が深刻なマダガスカルの環境保護のために活用します。