「PROJECT by Peter De Potter」

「PROJECT by Peter De Potter」

Information

Bギャラリーでは、グラフィックデザイナー兼アーティストのPeter De Potter(ピーター・デ・ポッター)の展覧会を開催します。

1970年生まれ、アントワープ王立アカデミー出身のPeter De Potterは、デザイナーRaf Simons(ラフ・シモンズ)の古くからの友人であり、シグニチャーブランド<RAF SIMONS>のメインヴィジュアルやグラフィックデザインのほか、イギリスの雑誌「i-D」や「ARENA HOMME PLUS」のグラフィックデザインも手掛けるなど多方面で活躍しています。 彼の作品は抽象芸術やパンク精神、ポップ精神、様々な世代の精神、抗議運動の精神などからインスパイアされています。また、そのメッセージ性の強いダークな世界観とデザインは、<RAF SIMONS>のブランドイメージを作る事で、ファッションとアートの世界をクロスオーバーさせてきました。

本展では彼が主宰するブランド<PROJECT>より、オリジナルのアートワークを発表するほか、彼の代表的なスタイルの一つである、グラフィックとタイポグラフィで構成したコラージュ作品のシリーズを展示、販売。また「インターナショナルギャラリー ビームス(原宿)」での展開商品を展覧会期間中にBギャラリーで販売します。

Peter De Potter(ピーター・デ・ポッター)

ベルギー出身。現在アントワープ在住。royal academy of Fine Arts Antwerpで学ぶ。2001~2010年までのRaf Simonsとのコラボレーションで注目を集め、一度きりの予定が長期にわたる継続的なコラボレーションとなる。また、同ブランドの相談役、コンセプトのアシスト、アートワークの提供と、Raf Simonsのプリントデザインに携わる。Raf Simons名義で出版された、”Redux”、Pitti Immagine 2005のインスタレーション”Repeat”のデザインとアートディレクションを担当をするなど、ブランドイメージ関わる重要な要素を担う。2004年、フローレンスでの別のPittiプロジェクト”NEO80”にて、Peterは”The Young Gods”という映像インスタレーションを発表。2011年にはベルリンでの`Transmission1 - Avant/Garde Diaries`にで`image Machine`シリーズの一部を発表。写真、文章、コラージュを用いて15年もの間、アート作品を作り続けているにも関わらず、アート界にオフィシャルで頭角を現したのは、ここ3年のことである。彼は伝統的なアートのルートではなく、インターネットや、主にtumblrで作品を配信し続けている。