河村康輔 展覧会 「Release」

「toolbox」

Information

Bギャラリーでは2回目となる河村康輔の最新展。作家の得意とするコラージュ作品をシュレッダーにかけ、リコラージュして再生させた展覧会「Rebirth」(2012年)に続き、今回の「Release」ではコピー機の技術を駆使し、過去の手法をミックスさせて新しい表現に挑戦します。

10代半ばから20代前半にかけて作家の脳内で形成された空想の世界と、現実の世界の狭間にある<もうひとつの世界>を視覚化した最新作にどうぞご期待ください。

「この展覧会は、東京で初めて発表する最近の作品と新作で構成します。この展示が今後の作品制作にとって新たなステップに進むことを期待しています。」
― 河村康輔

 

河村康輔(かわむらこうすけ)

1979年、広島県生まれ。東京都在住。グラフィックデザイナー、アートディレクター、 コラージュアーティスト、「ERECT Magazine」アートディレクター。 多数のアパレルブランドにグラフィックを提供。ライブ、イベント等のフライヤー、 DVD・CD のジャケット、書籍の装丁、広告等のデザイン、ディレクションを手掛ける。 アメリカ、スイス、ドイツ、フランスなど国内外の様々な美術館、ギャラリーで個展、 グループ展を開催。コラージュアーティストとしては、Winston Smith、KING JOE、 SHOHEI、大友克洋等との共作を制作「大友克洋GENGA展」(2012年)、 「LUMINE×エヴァンゲリオン」(2012年)、映画『SHORT PEACE』(2013年)、 「ZIMA」キャンペーンイベント「OPEN TO CHANGE. ZIMA」(2015年)。 作品集『2ND』(ERECT Lab.)、『MIX-UP』(ワニマガジン社)、『22Idols』 (ERECT Lab./Winston Smith との共著)、対談集『1q7q LOVE & PEACE』(東京キララ社)を 刊行。ファッション雑誌「EYESCREAM」、季刊誌「TRASH-UP!」(根本敬と共作の 実験アート漫画「ソレイユ・ディシプリン」)にて連載を持つ。