吉田昌平 展覧会 『Shinjuku(Collage)』

石川真澄 展覧会 『深世界紀行』

Information

Bギャラリーでは初となる吉田昌平の展覧会を開催します。本展では、写真家・森山大道の写真集『新宿』(月曜社)を解体、全てのページを素材として使用しコラージュした全128点からなる作品集『Shinjuku(Collage)』の中から厳選した作品の展示、販売を行います。

吉田昌平は、書籍のデザインや展覧会のアートディレクションといった仕事をする傍ら、アーティストとしてコラージュ作品を数多く制作、発表しています。彼の欲と衝動に溢れた、大胆かつ自由で美しいコラージュは、森山作品に新たな息吹を与えています。どうぞご期待ください。

「ぼくは吉田さんのコンセプトによって、すでにぼくの手から離れた〈もうひとつの新宿〉風景の中を歩き回れることを楽しみにしている。」
ー 森山大道

 

 


吉田昌平(よしだしょうへい) / アートディレクター、グラフィックデザイナー

1985年、広島県生まれ。桑沢デザイン研究所卒業後、デザイン事務所「ナカムラグラフ」での勤務を経て、2016年に「白い立体」として独立。カタログ・書籍のデザインや展覧会ビジュアルのアートディレクションなどを中心に活動。そのかたわら、アーティストとして字・紙・本を主な素材・テーマとしたコラージュ作品を数多く制作発表する。2016年、雑誌『BRUTUS』(マガジンハウス)No.818「森山大道と作る写真特集」への参加を契機に、森山大道氏の写真集を素材としたコラージュ作品の制作を始める。作品集に『KASABUTA』(2013年/WALL)。