Walderedo De Oliveira <Eros and Tanatus>

Walderedo De Oliveira <Eros and Tanatus>

Information

70年代より、独特の視点やその繊細な色彩感覚によって「人間と自然の共存」をテーマに、世界各地で様々な活動を続けてきたヴァルドレイド・デ・オリヴェイラのB GALLERYでは3年ぶり3回目となる個展。
本展では、現在京都に在住している彼が日本の文化に影響を受け制作された平面作品や、様々なモノにペイント を施した立体作品などを中心に、新作を多数発表。
またレセプション・パーティーでは、彼の故郷ブラジルの民族音楽に合わせてライブ・ペインティングを行います。

『今回の展示で、私は様々なタイプの要素(絵画、着物、古書本)を組み合わせようと思います。相互関係する二つのトピック、Eros and Tanatusとは人間が持つ本能の基本であり、従ってそれらは私たちの社会でルールを反映しています。Erosとは、芸術で表現される創造性であり、Tanatusとは、破壊をもたらす死の本能で地球の環境を破壊している最大な消費の源でありえます。』
ヴァルドレイド・デ・オリヴェイラ

21世紀を迎え、益々発展を遂げているテクノロジーや、深刻な環境問題に対し、ブラジル生まれの彼が伝えたいメッセージとは?
是非この機会に皆様お誘い合わせの上、ご来場ください。お待ちしております。

Profile 【Walderedo De Oliveira(ヴァルドレイド・デ・オリヴェイラ)】

ブラジル、リオデジャネイロ生まれ。
ボザール(フランス国立)美術学校にて絵画と美術の修士号 を得る。NY、アリゾナ、モロッコでの展示活動を行い、10カ国以上でアマゾン保護へのメッセージを伝えている。
日本では、スパイラルホール(東京)他、いくつかの場所にて展示を行い、最近ではDragon Ash "FREEDOM"のCD/DVDジャケットを制作。

www.amazondreamtime.com