title
アメリカのゴルフシーンをチェックされている方はもうご存知かもしれません。その自然体なイデタチが、日本での所謂「グリーン映え」とはちょっと違ってきていることを。中心には<リンクソウル>というブランドが存在するのですが、実は、日本では<ビームス ゴルフ>だけでしか手に入らないエクスクルーシブ展開です。「BEAMS GOLF MAGAZINE」今号では話題の<リンクソウル>と、今、気になるアメリカブランドをご紹介。

title

数々のゴルフアパレルを牽引してきたジョン・アシュワースが2013年に満を持してリリースした<リンクソウル>。氏は「リンクソウルを着てゴルフをすること自体がとてもクールなことなんだ」と語ります。本拠地の南カリフォルニア・サンディエゴは、日常の中にサーフィンがあるようにライフスタイルにゴルフが息づく街。日本ではおよそ考えられない、Tシャツとボードショーツでラウンドを楽しむなんてのも当たり前です。自然体ままを落とし込んだウエアは、ロゴや柄の主張は控えめ。日常着のようなリラックスムードに溢れます。もちろんゴルフウエアとしての機能性・快適性・スマートさは忘れずに。

ブランドのリリースから共感が共感を生み、今ではプロ、セレブ、報道関係者までがこぞって愛用し、アメリカでは既にスタンダードになった<リンクソウル>。<リンクソウル>を着てプレーを楽しむ仲間のことを指す「リンクソルジャー」なんていう言葉も誕生しています。この共感を日本の方にも感じてもらいたい。思い立ったアシュワースから「やるならビームス ゴルフで」と、ラブコールがあったのは一昨年のこと。<ビームス ゴルフ>のお客様のためだけの、アジアン・フィッティングを特別に用意して、ついに今シーズンから取り扱いがスタートしました。ぜひ手に取ってリアルなサウザン・カリフォルニアスタイルを感じてみてください。そうすれば、あなたも「リンクソルジャー」の仲間入りです。

title
title
title
オレゴン州はポートランド発のブランド<ジョーンズ スポーツ>。1971年から続く同ブランドは、タイガー・ウッズがスタンフォード大学時代に愛用していた事でも知られています。シンプルでクラシックなバックは、伝統的なハイスクールやカレッジの生徒達が使っていたモデルがソースです。
title
LAブランドの<ジーフォア>。創始者でありデザイナーであるのは、NYコレクションでも注目を浴びるファッションブランド<モッシモ>のデザイナー、モッシモ・ジャヌリ。彼がゴルフ好きであったことに端を発し、機能性と際立つスタイル性を兼ね備えた高品質なゴルフ製品を展開しています。グローブは発売以来、プロゴルファーは勿論、俳優、ロックスター等多くのハリウッドセレブが愛用しています。
title
メイド・イン・オレゴンにこだわりを持つ<シェイマスゴルフ>。ヘッドカバーは一点一点専属の職人の手で作られ、ハンドメイドのMADE IN USAならではの味わい深さが魅力です。真摯なものづくりがラルフ ローレンに認められ、USA代表チームのヘッドカバーを製作している実績も。多くのPGAプロが愛用しています。

5月から8月にかけ、各ブランドから<ビームス ゴルフ>だけの別注アイテムが到着する予定です。どうぞご期待ください!

title