オーディエンスを盛り上げる中納良恵さん(from EGO WRAPPIN)

vol.9 FES REPORT | 頂 - ITADAKI - 2015

キャンドルに包まれた幻想的なステージ。オーディエンスを盛り上げる中納良恵さん(from EGO WRAPPIN)。こちらは静岡県で開催された「頂 -ITADAKI- 2015」での一幕です。とことんエコロジーと”音楽”にこだわったこちらのフェス。その精神に共感し、BEAMS・B:MING LIFE STOREでは会場スタッフのTシャツ制作・提供で初のサポートを行いました。こちらのレポートでは、ピースフルな会場の雰囲気をぜひ味わってみてください!


頂 -ITADAKI-ってこんなフェスでした!

バイオディーゼル

バイオディーゼルで会場の電力を100%賄います。持ち寄った廃油でエネルギーを精製し、アーティストが音楽を奏で、それを聴く。素敵ですよね!

ステージについて

2ステージを交互に入れ替えるミニマムな会場。芝生でのんびり、すぐに聴きに行けちゃいます。

キャンドルタイム

名物の「キャンドルタイム」。幻想的なステージに息を飲みます。みんなキャンドルを持ち寄って陽が落ちる瞬間を最高の音楽と共に感じます。

バンビワゴン

ファミリーでフェスを楽しむ工夫が盛り沢山。こちらは授乳用の「バンビワゴン」です。

ワークショップ

こどもと参加できる様々なワークショップを開催。家族との思い出を持ち帰れるのも魅力のひとつ。

スタッフT

BEAMSがサポートした会場スタッフT。かなりのリメイクを施している強者も多数!


おしゃれファミリーを突撃取材!

ITO-San FAMILY

ITO-San FAMILY

3日前から会場入りしていたグラフィックデザイナーの伊藤さん。とある会場の大道具を制作していたのだとか。「子どもを遊ばせるのに虫かごは必須です(笑)。ライブを家族で見られるのがなによりの楽しみです!」

MIURA-San FAMILY

MIURA-San FAMILY

今回で5回目の参加になる三浦さんファミリーのこだわりポイントはこどもたちのペアルック。「今年のテーマは、『ゆっくりしよう』です。頂 -ITADAKI- は、アーティストとの距離が近いのも魅力ですよね」

SHUDO-San FAMILY

SHUDO-San FAMILY

「家族でのキャンプが大好きです!」と話すのは、首藤さんファミリー。今年はフェスだけでもなんと3回目のキャンプ。テントの中には、快適に過ごすギミックが沢山。「こどもの成長に合わせてクーラーボックスも新調しました」

MATSUOKA-San, YAMADA-San FAMILY

MATSUOKA-San, YAMADA-San FAMILY

ひと際賑やかに、2家族合同で参加していたのは松岡さん・山田さんファミリー。「こどもたち同士で思う存分遊んでくれますし、大人の目が多いので、自分の好きなアーティストを見に行きやすくて、フェスを楽しむには最高です!」

TAKAHASHI-San FAMILY

TAKAHASHI-San FAMILY

ステージ付近で出会ったのは、県内は浜松から参加の高橋さんファミリー。頂 -ITADAKI- は今回で3回目とのこと。会場からそう遠くないということもあり、開催2日間とも日帰りでの参戦!

ISHIHARA-San FAMILY

ISHIHARA-San FAMILY

「こどもが音楽好きで、一緒に盛り上がっています。日焼けのケアや、飽きないような工夫をしています」とは、キッズエリアで出会った石原さんファミリーより。パパとお揃いの<KEEN>のサンダルが、とてもお洒落さん!

TOP