SPECIAL TALK

大盛況のうちに幕を閉じたマウンテンフェスティバル。アウトドア・アクティビティあり、ライブあり、そしてキャンプありという今までにない形態のこのイベントは、どのようにして生まれたのか? 今回は、イベントの中心的存在である<THE NORTH FACE>のアパレルマーチャンダイザー・山下浩平とBEAMSメンズカジュアルの統括ディレクター・中田慎介に、マウンテンフェスティバル誕生の経緯と実際の感想、そして今後の展望をうかがった。

中田慎介

1977年生まれ。栃木県出身。学生時代に地元宇都宮のセレクトショップにてバイトをし、2000年BEAMSに入社。「ビームス プラス 原宿」のオープニングスタッフとして参画し、オリジナル商品の企画やバイイングなどに携わる。その後、2012年よりBEAMS PLUSのディレクターに就任。現在はBEAMSのメンズ統括ディレクターとして多忙な日々を送る。

山下浩平

1983年東京都出身。中学、高校をドイツ、大学をアメリカで過ごしサッカー三昧の学生生活を送る。帰国後外資系企業でのヘッドハンターを経て、THE NORTH FACEに入社。以後マーチャンダイザーとしてアパレル企画を担い、日々THE NORTH FACEの未来を模索している。「ONE LIFE, ONE CHANCE」という言葉を胸に常に探求する事を目指し、いつかアメリカのヨセミテ国立公園にあるハーフドームの北西壁を登る事を夢見る。