Ray BEAMS Autumn / Winter 2016

No.1 SEASON STYLE - COLOR

featuring: SHEN TANAKA

“UNE=1”に“唯一無二の自分だけのスタイル”という想いを込めて。
2016年秋冬の<Ray BEAMS>は「UNE BALANCE」をテーマに、丈の長さやシルエット、
素材をあえて“アンバランス”に合わせることで、既成概念にとらわれない自分らしいスタイルを提案していきます。
今回は、モデルの田中シェンを迎え、今注目のアイテムとその着こなし方を毎月ご紹介。
毎日のスタイリングの参考に、是非チェックしてみてください。

(1)COLOR (1)COLOR

サイズバランスが決め手の
定番MA-1を着こなす

季節の変わり目に活躍する
MA-1は軽く羽織れるタイプをチョイス。ルーズすぎず、タイトすぎない、絶妙なサイズ感が今年らしい。やや浅めのオリーブカラーはこの秋注目のダスティーピンクのワイドパンツとも相性抜群!

(2)COLOR (2)COLOR

深みのある色を重ねて
秋色の足し算を極める

<Ray BEAMS>の定番であるショートダッフルコートに、今シーズンは青みがかったピンクが登場!深いボルドーカラーのニットにコーデを引き締めるパンツを合わせて、パーフェクトなカラースタイリングの完成です。

(3)COLOR (3)COLOR

ベロアの光沢を享受する
ダスティーピンクのパンツ

今シーズン手に入れたいアイテムの1つ、“ベロア素材”。<RBS>のベロアパンツはキルティング仕様で、光沢感を存分に際立たせるニュアンスカラーが魅力。艶やかな光を味方にして、ルーズにカジュアルに着こなすのが今年流。

(4)COLOR (4)COLOR

質感と色を自在に操る
甘さ漂う耽美なスタイル

優雅に膨らみを持たせた袖が特長の、甘さを滲ませるベージュピンクのブラウスには、深遠なボルドーのサテンプリーツスカートを合わせ、とことんクラシカルに。仕上げにベルトでウエストマークし、印象を引き締めて。

(5)COLOR (5)COLOR

ルーズを楽しみ華奢を目指す
旬なシルエット

深いサイドスリットが入ったオーバーニットは、レイヤードを存分に楽しめるアイテム。ワイドパンツやマキシスカートを合わせて、ルーズさの奥に華奢な女性らしさが垣間見える、そんなスタイルが理想的。

TOP