Ray BEAMS Autumn / Winter 2016

No.4 SEASON STYLE - SUPER LONG COAT

featuring: SHEN TANAKA

“UNE=1”に“唯一無二の自分だけのスタイル”という想いを込めて。
2016年秋冬の<Ray BEAMS>は「UNE BALANCE」をテーマに、丈の長さやシルエット、
素材をあえて“アンバランス”に合わせることで、既成概念にとらわれない自分らしいスタイルを提案していきます。
今回は、モデルの田中シェンを迎え、今注目のアイテムとその着こなし方を毎月ご紹介。
毎日のスタイリングの参考に、是非チェックしてみてください。

(1)COLOR (4)SUPER LONG COAT

軽さというエレメントが
機能美と優雅さを創造する

<RBS>の1枚仕立てのコートはモードかつクールな面持ちのスーパーロング丈。生地からオリジナルで作られたスペシャルな1着は温かな着心地はもちろん、驚くほどの軽さも魅力。

(2)COLOR (2)COLOR

とことんオーバーに楽しむ
今年顔のチェスターコート

大ぶりな襟にダブル前で、マニッシュ全開な男顔のチェスターコート。滑らかに落ちるドロップショルダーが絶妙な女性らしさを添える。今年はワイドパンツと合わせて、オーバーサイズ同士の組み合わせを楽しんで。

(3)COLOR (3)COLOR

シンプルさは究極の洗練
ロング&リーンなシルエット

ちょっとそこまでのお出かけにも一番上に着るアウターにはこだわりたいもの。洗練されたソリッドな表情と今年らしいIラインのフォルムがスタイルアップを叶えてくれるニットコート。ミニマルで気取らない女性らしさが魅力。

open close
(4)COLOR (4)COLOR

気負わないルーズさが鍵、
メンズライクな正統派を
着崩す

<FACTOTUM femme>にスペシャルオーダーしたコート。裾の断ち切りや、大きいアームなど、大胆なデザインが印象的。ユニセックスな表情が女性らしい合わせをより引き立て、よりスタイリッシュに導く。

open close
(5)COLOR (5)COLOR

2面性の魅力を抱える
記憶に残るトレンチ

前は端正で美しく、後ろは心惹かれるエッジィなプリーツ加工。その2つをリボンで結わくデザインで、従来にない新鮮な印象を与える<RBS>のトレンチコート。これ1枚で周りと差がつくモードなスタイルを実現。

TOP