B GALLERY キュレーター。浅井健一、池田晶子、岩井希久子、大和田良、岡田敦、キン・シオタニ、叢、操上和美、高橋靖子、谷尻誠、タムサラトル、中村紋子、名和晃平、野村佐紀子、福永一夫、本間良二、増山士郎、MIC*ITAYA、森村泰昌、渡辺洋一、HOT FUDGE、POETNIK、Re:jectorなど。ジャンルや既成の表現に捉われない“本質”の展覧会を目指します。

お気に入り
  • 2017.04.20
    B GALLERY ブログ
    いしいしんじ その場小説「花」④(最終回)
    いしいしんじ その場小説『花』 ④(最終回)(前回のお話③は、こちら)---------- 遠い草原で、ちょうどいいサイズの麦わら帽子をかぶった女の子が、不意に、青空をみあげる。いまなにか、きこえた。動物の、遠吠えのような。青空のむこうで響く、雷みたいな。 暖かい空気をゆっくりと鼻で吸う。 家のまわりを、桜の木が取り巻いている。4月8日。女の子の誕生日。桜の花は、いまが満開だ。 誰かが玄関のほうで
    » 続きを読む
  • 2017.04.16
    B GALLERY ブログ
    いしいしんじ その場小説「花」③
    いしいしんじ その場小説『花』 ③(前回のお話②は、こちら)---------- 演奏のあと、カウンターでいつものように写真を出しかけ、おおかみはとなりの男に、「そうだ、今日は、何月、何日だい?」 とたずねた。「今日かい? ええっと、4月の・・・8日だな」「そうか」おおかみはうなずき、取り出しかけた写真をポケットの奥におさめ、ジャケットの上からなでさすった。「そうか、4月8日ね。やっぱり、そうか・
    » 続きを読む
  • 2017.04.13
    B GALLERY ブログ
    いしいしんじ その場小説「花」②
    いしいしんじ その場小説『花』 ②(前回のお話①は、こちら)---------- とある町の教会で眠っているとき、いきなり近所の老人たちが壇上でうたいだしたことがある。おおかみは身をおこしてきき耳をたてていた。老人たちは、日々のくるしみ、日々のよろこびについて、自分たちの信じているかみさまに、ゆたかな声でかたりかけていた。教会がふるえ、ガラス窓がきらめいた。おおかみの手はゆっくり頭上にあがり、そこ
    » 続きを読む
  • 2017.04.09
    B GALLERY ブログ
    いしいしんじ その場小説「花」①
    4月2日(日)に開催された、『佐藤理 展覧会「ALL THINGS MUST BE EQUAL」』のイベント<Vol.1 エレクトロその場小説・ライブ>は、大盛況に終わりました。ご来場いただいたみなさま、ゲストでお越しくださった、いしいしんじさん、ありがとうございました。本イベントで発表した、いしいしんじさんによる、その場小説『花』を、本イベント参加できなかったお客様のために、4回に分けて公開いた
    » 続きを読む
  • 2017.01.06
    B GALLERY ブログ
    池田晶子 没後10年記念 連続トークイベント
    【『没後10年記念 連続トークイベント「池田晶子の言葉と出会う」』】B GALLERYでは、2007年に他界した文筆家・池田晶子の言葉を紹介する展覧会を3月5日(土)より開催いたします。※展覧会の詳細はまた後日お知らせいたします。本展は、『没後10年記念 連続トークイベント「池田晶子の言葉と出会う』に関連した展覧会で、本イベントでは、都内書店各所にてトークショーが開催されます。『没後10年記念 連
    » 続きを読む