2018SS<CAL O LINE>Collection

デザイナー自身の様々な経験やライフスタイルを反映させたアイテムが特徴