新宿ゴールデン街

PROJECT
“新宿ゴールデン街”に名称を統一した新看板のデザインを担当
PARTNER
新宿三光商店街振興組合
YEAR
2021

「焼酎のススメ。」は、高橋酒造株式会社の米焼酎「白岳KAORU」、三和酒類株式会社の麦焼酎「いいちこ」、薩摩酒造株式会社の芋焼酎「白波」のそれぞれの美味しさや奥深さに加えて、自由で楽しい焼酎がある時間の過ごし方を提案するために2019年より開催。 2回目となる、「焼酎のススメ。2020」の連動企画として、「新宿ゴールデン街商店街」に隣接する「新宿三光商店街」で掲出していた“あかるい花園○番街”と書かれた4ヶ所と“まねき通り”と書かれた2ヶ所の計6ヶ所の看板が、“新宿ゴールデン街”に統一されるにあたり、新看板のデザインをBEAMSが担当しました。 “新宿ゴールデン街”に看板を統一した背景は2020年4月、新型コロナウイルス感染拡大の影響で290軒以上の飲食店が営業を自粛。5月、短縮営業が可能になったお店もありましたが、ほとんどのお店ではバーやスナックとして登録しているため、お店を開けることができず、極めて困難な状況が続きました。そのため、70年以上もの間存続されてきた昭和文化の残る新宿ゴールデン街も、廃れていくのではないかと危惧されました。このような状況だからこそ、街全体で一丸となって新宿ゴールデン街の文化を守るため、これまで異なる看板を掲出。「新宿ゴールデン街商店街」と「新宿三光商店街」が、”新宿ゴールデン街”の統一看板を掲出。日本のサブカルチャーやアングラ芸術を発信してきた新宿ゴールデン街の魅力を発信し、お酒がある楽しい時間を大切にしたいと考え、その象徴となる看板のデザインを「焼酎のススメ。」プロジェクトが担当しました。