額装

2018.02.27

こんにちは、安武です。



日曜に撮影だったので、昨日代休を取りました。

久々の平日休み。

何をしようか...

オリンピックも終わっちゃったしなぁ...


そうだ、モロッコで購入した写真×2と、プレスのボス佐藤からもらったSTERLING RUBY(スターリング・ルビー)のポスターの額装が出来てなかった!


ということで、恵比寿にある額装屋「ジンプラ」にお邪魔してきましたよ。



すごい数のフレーム。


迷っているとスタッフの方が手際良く、

「こっちのポスターには黒のフレームが合いそうですね。余白はいらないと思いますよ。」


(昨年NYのアートブックフェアでインスタレーションされていた、STERLING RUBYのポスター)


「この雰囲気ならフレームもシンプルに木目のないプラスチックにしましょう。」


かなりの数を請け負ってきているのだろう。写真やアートにも凄く造詣が深いのだろう。


「こちらは逆に木目があった方が良さそうですね。黒かナチュラルが合いそうです。」



部屋に合わせて黒のフレームにすることに。


「余白は一般的には4.5センチくらいですが、イメージはありますか?」



なんとなく余白を多めにとって、贅沢に見せたいとの要望を伝える。



「それでは6.5センチが良さそうですね。余白の質感も選べますよ。」


特に質感のないマットなものを選ぶ。


「今ですの約10日間ほどの納期になります。」

すらすらと伝票を書いていく。



ものの15分程度で3枚を額装に出す事が出来た。


仕上がったらどこに飾ろうか...


なんて妄想をしながら昨日は眠りにつきました。



安武