タクミの技 vol.13

2018.08.05

こんにちは、安武です。



今日は、クールビズスタイルをご紹介です。
ちょうど大島がクールビズスタイルを実践していましたよ。
Jacket:BEAMS F(ビームスF)
Shirts:International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー ビームス)
Tie:ASCOT(アスコット)
Pants:BERWICH(ベルウィッチ)
Shoes:ALDEN(オールデン)


非常に軽い仕立てのジャケットはリングヂャケット謹製。
ドライタッチな肌触りとナチュラルな伸縮性、防シワなど、ウール100%ながら高い機能性が大好評のジャケットです。
ちなみにイタリアの名門生地メーカーREDA(レダ)社によるものです。
そんなクールビズにうってつけのジャケットに、金ボタンを付けた今年らしいモデルです。
”B.D.ハズシ”は大島の真骨頂ですね。
そこに無地ではなくあえてドットのニットタイを。
そしてチーフは白リネンではなくネイビーシルクのプリントです。

金ボタンとも相まって、こういったさりげない所で今っぽさを演出します。
パンツはシアサッカーです。
シアサッカーってもともと生地に凹凸があるので、シワが気にならないんですよね。
そしてドライタッチも魅力。
スラックスタイプを選べば、クールビズでもいけるのでは?

この場合、全体が夏っぽい軽い素材感なので、ヒモ靴は合いません。
軽快に見えるローファーが乙です。


あ、アカウント名が以前から変更になったコチラ(@oshima_snap )も宜しくです。
スタッフのふとした瞬間や、秀逸な店内ディスプレーなどが詰まったアカウントですよ。


安武