世界のファッショニスタ vol.2

2018.09.16

こんにちは、安武です。



昨日のプリモさんに続き、今日はSTILE LATINOディレクターのヴィンチェンツォ・アットリーニさんをご紹介です。

一昨日よりオーダー会がスタートし、来週まで全国行脚。

翌週には韓国でオーダー会と、多忙を極めています。



グレーのシャークスキンスーツにセミワイドシャツ、ペイズリーのタイといった言葉で表すとフツーのコーディネートなのですが、

なぜか洒落て見えるのはヴィンチェンツォさんの人柄と笑顔でしょう。



ワイドピッチのストライプに、少しだけ間隔が空いたペイズリー。

ペイズリーの内側の色とシャツのストライプの色がマッチングしていて、全くうるさく見えません。


あえて狙っているのか(?)チーフは無しでした。

(ランチの時に使って、忘れてきたのかな?)


足元はALDEN(オールデン)のシングルモンク。

バーガンディカラーがとても綺麗です。


それよりも気になるのはパンツの裾の仕上げ。

シングルにしています。これはなぜだろう?

聞こうと思っていたのですが、お客様のアポイントがフルで入っているので、聞けませんでした。笑


ちなみにオーダー会の日程はコチラ


どなたかオーダー会に行かれる方は、聞いておいてください。笑



安武