ALEX NAKADA

2018.09.25

こんにちは、安武です。



今日は趣向をちょっと変えて...

メンズカジュアルディレクター、ALEX NAKADA(アレックス中田)のコーディネートをご紹介です。

ちょっと暗いので別アングルで。


Coat:BEAMS PLUS(ビームス プラス)

Knit:JAMIESON'S(ジャミーソンズ)

Shirts:BEAMS PLUS(ビームス プラス)

Tie:BEAMS PLUS(ビームス プラス)

Pants:BEAMS PLUS(ビームス プラス)

Shoes:ALDEN×BEAMS PLUS(オールデン×ビームス プラス)



別アングルだと目をつぶっていました。

コートはBEAMS PLUSの名作、パッチワークバルカラーコートです。

海外でも大人気で、NYの老舗デパート、バーグドルフグッドマンのメンズファッションディレクター、ブルース・パスクさんも色違いを着ています。


Vゾーンのコーディネートは、これこそ中田流。


フェアアイル柄のカーディガン、ストライプのボタンダウンシャツ、グレンプレイド(BEAMS PLUS的に言うと"グレンプラッズ")のタイ、そしてパッチワークコートと、柄・がら・ガラのオンパレード。

ここまで柄を重ねる人は久しぶりに見ました笑


だけどまとまってる。

なんでだろう?


パンツはBEAMS PLUSのド定番、2プリーツチノ。

ワイドなチノが何とも個性的なシルエットを演出してくれます。


足元はキルト&ウイングチップのローファーです。



実はこの日、とある海外誌(超名門です!)の撮影でした。


現在はBEAMSのメンズカジュアルを纏める"キレ者"として活躍する中田。

以前はBEAMS PLUSのディレクターでした。

だから出来る、このどっぷりBEAMS PLUS的な世界観。


色んなジャンルの洋服を見るのは、とても楽しいですね。



安武