安っていいとも! vol.91

2018.10.17

こんにちは、安武です。



昨日は久々にタイドアップして出勤。

特に何かあった訳ではなのですが、たまにタイドアップしないとタイの結び方を忘れてしまうかなと汗


スタイリストの方と同じことを話していたら、

「俺も人のタイしか結べなくなっちゃってるよ」

と。

なのでたまには結ばないとですね。

Jacket:DALCUORE(ダルクオーレ)

Shirts:BEAMS F(ビームスF)

Tie:JOHN COMFORT(ジョン コンフォート)

Chief:FRANCO BASSI(フランコ バッシ)

Pants:cantate(カンタータ)

Shoes:CROCKETT & JONES(クロケット&ジョーンズ)



先日のオーダー会で仕立てたジャケットが上がってきました。


...


と言いたい所ですが、実はこのジャケット、譲っていただいたものなんです。

誰から譲ってもらったかというと...

「ビームスF 新宿」の伊藤です。


「安ちゃん!DALCUOREのジャケット、太って着れなくなっちゃったんだけど、格安でいらない〜?」

と言われ、格安(1/10くらいの価格)で譲ってもらいました。

生地の雰囲気があまり安武っぽくなかったので数年眠らせていましたが、最近はブリティッシュアメリカンな気分なので、

今なら着れるかも!と思い引っ張り出しました。


ここまで小柄のジャケットは自分にとって新鮮です。


コーディネートは、イメージ通りのブリティッシュアメリカンスタイルに。

タイはキジ柄のものでブリティッシュカントリーの要素を匂わせつつ、シャンブレータブやデニムパンツでアメリカンな雰囲気に。

しっかり写っていないのですが、タッセルローファーにはしっかりとソックスを履きました。


(この画像でも見えづらいか)


このソックスのコーディネートが自分的にとても難しかったのですが、

ネイビーを合わせて落ち着かせています。


実は茶色いシューズにネイビーのソックスを合わせるのはほとんどしていなくて、

(ネイビースーツの場合はしていましたが、ジャケパンスタイルではしたことがないかもです)

昔先輩が合わせているのを見て、

「ちょっとオジさんっぽい合わせだな〜」

なんて思っていました。


ただ、最近そんな昔オジさんっぽく見えたものが逆に新鮮だったりしていて。

(別角度になりますが、ダッドシューズなどもこの類かと)


最近は、昔のイメージを繋ぎ合わせながらコーディネートを楽しんでいます。



安武